ゲス・フー 招かれざる恋人 作品情報

げすふーまねかれざるこいびと

名作『招かれざる客』のリメイク。愛する娘が連れてきた恋人とは?

パーシー・ジョーンズは結婚25周年を祝う銀婚式で、妻マリリンに“誓いの言葉”を捧げなければならないのだが、上手い言葉が浮かばない。それに、銀婚式に目に入れても痛くない娘のテレサが恋人を連れてくるという。一体どんな男なのか? デンゼル・ワシントンのような頼もしい男を期待していたパーシーの前に現れたのは、白人の優男・サイモンだった!! 肌の色で差別をしてはならない、と日頃言ってきたパーシーだが、いざ娘の恋人が白人となると動揺を隠しきれず……。

「ゲス・フー 招かれざる恋人」の解説

古典的名作『招かれざる客』をヒントに生み出されたラブ・コメディ。本作ではオリジナルとはキャラクターの立場を逆転し、娘一家を黒人に、訪れる娘の恋人を白人にしている。ジョーンズ一家は裕福な黒人家庭で、1960年代に撮られたオリジナルとはだいぶ社会の変化を感じるが、それでもアメリカで根強い黒人差別が残っていることを感じさせる。しかし作品の色はあくまでも明るく、社会派ドラマではなく愛と家族の姿がテーマになっている。白人の恋人を紹介され、なんとか彼の欠点を指摘しようと目を光らす父親役をコメディアン出身のバーニー・マックが好演。作品全体を心地よいテンポで進めている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年9月24日
キャスト 監督ケヴィン・ロドニー・サリヴァン
出演バーニー・マック アシュトン・カッチャー ゾーイ・サルダナ ジュディス・スコット
配給 20世紀フォックス映画
制作国 アメリカ(2005)
上映時間 106分

(C)2005 TWENTIETH CENTURY FOX

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ゲス・フー 招かれざる恋人」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:48:39

広告を非表示にするには