レインマン 作品情報

れいんまん

他人同然に生きてきた兄弟―自閉症の兄と自由奔放な弟の出会いによって変化する人生を描く

26歳の中古車ディーラー、チャーリー・バビット(トム・クルーズ)は、恋人スザンナ(ヴァレリア・ゴリノ)とのパーム・スプリングスへの旅の途中、幼い頃から憎み合っていた父の急逝の訃報を耳にし、葬儀に出席するため、一路シンシナティへと向かうのだった。そしてその席で、チャーリーは父の遺言書を開封し、自分に遺されたものが車1台と薔薇の木だけという事実に衝撃をうける。同時に300ドルの財産を与えられたという匿名の受益者の存在を知った彼は、父の管財人であるウォルター・ブルーナー医師(ジェリー・モレン)を訪ね受益者の正体を聞き出そうとするが、医師はそれを明かそうとはしなかった。諦めて帰ろうとするチャーリーは、スザンナの待つ車の中にいたレイモンド(ダスティン・ホフマン)という自閉症の男と出会い、やがて彼こそが受益者であり、自分の兄であることを知るのだった。記憶力に優れたレイモンドをホームから連れ出したチャーリーは、スザンナも含めて3人でロスヘ旅することにした。

「レインマン」の解説

エグゼクティヴ・プロデューサーはピーター・グーバーとジョン・ピータース、製作はマーク・ジョンソン、監督は「グッドモーニング・ベトナム」のバリー・レヴィンソン、バリー・モローの原作を基に、モロー自身と「友よ、風に抱かれて」のロナルド・バス、撮影は「刑事ジョン・ブック 目撃者」のジョン・シール、音楽はハンス・ジマーが担当。出演は「トッツィー」のダスティン・ホフマン、トム・クルーズ、ヴァレリア・ゴリノほか(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督バリー・レヴィンソン
出演ダスティン・ホフマン トム・クルーズ ヴァレリア・ゴリノ
制作国 アメリカ(1988)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「PineWood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-03-31

家族愛、親子愛と言うテーマでは中国映画<海洋天堂>を思わず想い浮かべて締まった。其れにしても本編のダステイン・ホフマンとトム・クルーズの粋なコンビネーションは凄い♪純な姿、愛すべき兄貴…。ラスベガス・ホテルのスイートルームでのスローダンスやエレベーターでのキスシーンも温もりが感じられる!レインマン(雨男)とメインマン(親友)と恋人と。

最終更新日:2020-01-22 15:28:33

広告を非表示にするには