富江 REVENGE 作品情報

とみえりべんじ

得体の知れない物体にジワジワと体を乗っ取られる恐怖にどこまで耐えられるか!?

ある日、女医の和江が深夜の山中で、診療所所長の富樫の娘に瓜ふたつの少女を見かける。和江は彼女を追いかけたが、たどり着いた洋館で、瀕死の状態の少女、雪子を偶然に発見する。それから1年後、全快した雪子が診療所を去るときが訪れようとしていた。そんな矢先、和江のもとへ刑事が尋ねてくる。人の細胞に乗り移ることが出来る富江という少女を探している告げられ、1年前に山中で見かけた少女の写真を見せられたのだが…。

「富江 REVENGE」の解説

殺されても殺されても、自己再生で永遠に生き続ける美しきモンスター“富江”。伊藤潤二原作で大ブームを巻き起こしたカルト・ホラーの最新作が登場する。先に公開された『富江 BEGINNING』では、富江の体の特徴でもある“分割再生能力”がストーリーのポイントになっていたが、本作ではもうひとつの特徴、“細胞侵略”がフィーチャーされている。

富江の細胞が他人の細胞に入り込み、その他人の身体を借りて“再生”する。富江自身はもちろん、侵略された“他人”の心情もビビットに描き出されている。出演は、『ISOLA/多重人格少女』のしたらひさこ。モデル出身で、社会現象にもなった『バトル・ロワイアル』にも出演した美波ら。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年4月16日
キャスト 監督・脚本及川中
原作伊藤潤二
出演したらひさこ 美波 伴杏里
配給 アートポート
制作国 日本(2005)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「富江 REVENGE」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:47:40

広告を非表示にするには