江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間 作品情報

えどがわらんぽぜんしゅうきょうふきけいにんげん

江戸川乱歩の原作を石井輝男が監督したカルト作品

医学生の人見広介は、精神病院に監禁され、聞き覚えのある子守歌にひかれて、脱走。歌の主は、初代という少女だった。そのメロディにつながる風景が、2人のイメージに合致した。その翌日、初代は何者かに殺害された。広介は、謎を解くべく北陸に向かった。車中で見た新聞に、広介と瓜二つの菰田源三郎なる男が病没したとの記事を見て、その町に降りた。源三郎の父・丈五郎は、人目を嫌い、執事の蛭川に後を託すと、妻のときを連れて無人島に渡り、島を人工改造しているという。

「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」の解説

江戸川乱歩原作の「パノラマ島奇談」他数篇の作品を『明治・大正・昭和 猟奇女犯罪史』の石井輝男と掛札昌裕が脚色し、石井が監督した猟奇もの。撮影は、『必殺 博奕打ち』の赤塚滋が担当した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督石井輝男
原作江戸川乱歩
出演吉田輝雄 由美てる子 土方巽 葵三津子 小畑通子 賀川雪絵 小池朝雄
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-12-06 00:01:05

広告を非表示にするには