1リットルの涙 作品情報

いちりっとるのなみだ

進行を遅らせるしか手だてのない難病。それでも必死に生きようとした、少女の真実の物語

亜也は中学3年生の時、突然、脊髄小脳変性症という難病にかかってしまう。反射的にバランスをとり、素早い滑らかな運動をするのに必要な小脳・脳幹・脊髄の神経細胞が変化し、ついには消滅してしまう病で、発症の原因が不明のため治すことができない。それでも亜也は進学校の県立東高校に入学、新しい友達に囲まれて勉学に励んでいた。しかし病は徐々に進行し、亜也はとうとう自力で歩くことすらできなくなってしまう…。

「1リットルの涙」の解説

生きることを諦めず、難病と闘い続けた少女の実話を映画化。原作は、亜也さん本人の日記を編集したベストセラー「1リットルの涙」と、その母親の潮香さんが書き上げた「いのちのハードル」(ともにエフエー出版)。彼女がかかったのは、現時点では体の筋肉が痩せないよう運動訓練を続け、進行を遅らせる薬を使うしかない難病。

体のふらつきに始まり、歩行困難、手や指の不自由、喋るのも発音があいまいになるなど、それぞれの症状が少しずつ進行し、最後には寝たきりになってしまうさまを、主演の大西麻恵がリアルに演じている。彼女は実際の主治医に取材し、同じ症例の方のビデオを借りて動きや喋り方を研究、養護学校で実習まで行ない役作りをしたというから、迫真の演技も納得だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年2月5日
キャスト 監督岡村力
原作藤亜也 木藤潮香
出演大西麻恵 浜田光夫 かとうかずこ 芦川よしみ 鳥居かほり 松金よね子 森下千里 森山周一郎 速水亮
配給 「1リットルの涙」上映委員会
制作国 日本(2004)
上映時間 98分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「1リットルの涙」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:46:09

広告を非表示にするには