風の残響 作品情報

かぜのざんきょう

新しい若手監督が登場。神隠しにあった少女の事件を通して、人々の悲哀を独特の世界観で描き出す

冬の終わりの田舎町。地元の中学校に通う晃治は、幼なじみの小夜子にほのかな恋心を抱いていた。小夜子には、幼い頃に母親が失踪したという悲しい過去があった。ある風の強い日、突然小夜子が行方不明になる。あまりのことに現実を受け入れられない晃治は、小夜子は必ず帰ってくると信じ、来る日も来る日も待っていた。しかし事態は深刻になっていく。やがて晃治は、小夜子が抱いていた、あるひとつのせつない想いに気がつくのだが…。

「風の残響」の解説

映画美学校ノンフィクション4期高等科の準スカラシップ作品。撮影と制作に1年以上を費やし、自然の無限的な変化を丁寧に捉えた詩情に満ちた人間ドラマになっている。テレビドラマ版「世界の中心で愛を叫ぶ」に出演していた本仮屋ユイカのほか、『弾丸ランナー』『HANA-BI』『赤い月』など数々の出演作を数えるベテラン俳優、大杉漣を起用している。

その山の頂きを目指すものは、神隠しに遭うという説話が行き渡る山深い村落。木々は異界へと誘う上枝であり、道無き道は虚空へと彷徨う路。風は樹木を呼び声にざわめき、嘶く…。なんとも神秘的で幻想的な世界観を作り出したのは幸修司監督。これまでは、「ふくしゅう」「つもっていく」などに携わった。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年9月25日
キャスト 監督幸修司
出演嶋崎徹 本仮屋ユイカ 鈴木達也 前田綾花 大杉漣
制作国 日本(2003)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「風の残響」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:46:06

広告を非表示にするには