野性の証明 作品情報

やせいのしょうめい

森村誠一原作の同名小説の映画化

野性の証明のイメージ画像1

1980年。過激派の人質となった米国大使を自衛隊特殊工作隊が救った。味沢岳史はその中でも抜きん出た優秀な隊員だった。味沢が東北山中の単独踏破訓練中、飢えと疲労の極限で、越智美佐子に出会った。彼女は獣のような味沢の惨状を見て、救助を求めて集落へおりて行った。その時、大量虐殺事件が発生した。5戸12名が惨殺され、その中には彼女の死体もあった。駈けつけた北野刑事は、ハイキング中に凶行の巻添えにあったと断定した。

「野性の証明」の解説

国家権力によって比類ない殺人技術を叩きこまれた男が、一人少女のなかに、自らの人間性の回復を託そうとする男の姿を描く森村誠一原作の映画化。角川映画第3弾。脚本は『日本の首領 完結篇』の高田宏治、監督は『人間の証明』の佐藤純彌、撮影は『順子わななく』の姫田真佐久がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督佐藤純彌
原作森村誠一
脚本高田宏治
出演高倉健 中野良子 薬師丸ひろ子 夏八木勲 三國連太郎 ハナ肇 松方弘樹 丹波哲郎 成田三樹夫
制作国 日本(1978)

(C)KADOKAWA1978

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-06-02

森村誠一原作のシリーズTVドラマ終着駅「殺人の花客」は中原果南と林泰文等が事件と絡む作品。主演の片岡鶴太郎と妻役の岡江久美子の定番

最終更新日:2020-10-28 15:53:03

広告を非表示にするには