セイブ・ザ・ワールド 作品情報

せいぶざわーるど

花婿の父はアンダカバー! オヤジコンビが救うのは世界か家族か?

自称コピー機のセールスマン、スティーブ・トバイアス。その正体は、国際的な武器密輸組織の摘発を狙うCIAの潜入捜査官。世界を飛び回る彼に、頭の痛い問題が持ち上がった。密輸組織との取引の日取りが、一人息子のマークの結婚式と重なってしまったのだ。仕事にかまけて父親らしいことをしてこなかっただけに、今回はどうしても息子のために結婚式に出席しなくてはならない。だがスティーブは、両家の顔合わせの場で新婦の父ジェリーに正体を見破られてしまう。ジェリーは娘の結婚を取り止めると騒ぎ出すが…。

「セイブ・ザ・ワールド」の解説

マイケル・ダグラスとアルバート・ブルックス。両ベテラン俳優の異色競演で贈る本作は、CIAエージェントの活躍を描くスパイアクションと、息子の結婚式を巡るファミリーコメディをかけ合わせたユニークな作品。この着想はピーター・フォーク、アラン・アーキン主演の『あきれたあきれた大作戦』(1979年)からの引用である。

「仕事と家庭」といえば、今も昔もオヤジを悩ます最大のテーマ。それも「世界平和と息子の結婚」となれば、ことさらに悩ましい。そんな重大局面に会した中年コンビの奮闘を、決して大上段に構えず、ひと昔前のバディ・ムービー風につづったところが本作の魅力となっている。中盤以降の展開はややバタつく印象もあるが、それを一息に「洗い流す」ラストもお見事。近頃あまりお目にかからない、軽やかな観賞感を与えてくれる作品だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年6月26日
キャスト 監督アンドリュー・フレミング
出演マイケル・ダグラス アルバート・ブルックス ロビン・タニー ライアン・レイノルズ キャンディス・バーゲン デヴィッド・スーシェ
配給 ギャガ=ヒューマックス
制作国 アメリカ(2003)
上映時間 95分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「セイブ・ザ・ワールド」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-08-28 19:13:42

広告を非表示にするには