関東流れ者('71) 作品情報

かんとうながれもの

ヤクザの世界に生きる男の、復讐物語

夜の盛り場で、悪どく稼ぐやくざや暴力団。その中にも昔かたぎに義理と人情で仁侠道を押通す立花組組長立花茂三郎の縄張りがあった。滝村周次は、そんな立花に拾われて育てられ成長した。やがて周次の弟、洋が中学を卒業し集団就職で上京してきたが、その2人だけの祝いの席に、周次の舎弟分・淳が飛び込んできて、縄張内のクラブで坂下の弟次郎が暴れていることを知らせた。昔仲間の弟ということで、周次がその場をとりはからったが、律義な山下は、立花の伯父貴、侠友連盟の阿部をたててまるく納めた。しかし…。

「関東流れ者('71)」の解説

信じていた伯父貴、兄貴に裏切られ、義理ある組長まで殺された、ヤクザの世界に生きる男の、復讐物語。脚本は、『女子学園 ヤバい卒業』の棚田吾郎と小椋正彦。監督は『土忍記 風の天狗』の小沢啓一。撮影は『女子学園 ヤバい卒業』の安藤庄平がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督小沢啓一
出演渡哲也 丘みつ子 沖雅也 青木伸子 水島道太郎 今井健二 内田良平 原田芳雄
制作国 日本(1971)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「関東流れ者('71)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:44:17

広告を非表示にするには