H [エイチ] 作品情報

えいち

猟奇的な謎の連続殺人。その手口は刑務所に収監中の殺人犯と同じだった。模倣犯の仕業か、それとも…。韓国でヒットした異色スリラー

ゴミ捨て場で発見された妊娠中の女子高生と引きずり出された胎児の死体、バスの中で腹部を切り裂かれて殺された臨月の女性…。残酷な連続殺人の手口は、1年前に起きたものと同じだった。その犯人シン・ヒョンは6件目の殺人の後、なぜか自首しており、今は刑務所に収監中だ。刑事は謎を解くためにシン・ヒョンに面会に行くが、彼は謎めいた微笑みを浮かべるだけ。そのうちに第3、第4の事件が起きる。模倣犯か、それともシン・ヒョンの指示なのか。

「H [エイチ]」の解説

韓国発スリラーと言えば『カル』のヒットの記憶が新しい。ミステリーなのでここではあまり内容は書けないのだが、この作品も『羊たちの沈黙』から始まった、「異常犯罪とその犯罪者の心理を追う」というプロファイル(犯罪心理)ものの流れだ。それまでの異常犯罪ものでは、犯罪者と刑事の間を分ける一本の線があったが、これ以降、犯人とそれを追う者の距離がグッと近づいた。次に多くのフォロワーを生み出した『セブン』は、シリアルキラー(連続殺人犯)の殺人に儀式性を与え、冷静な実行力を持つ犯人に人間以上の不気味さを与えた。

この『H』もスタイルとしてはその2作品の影響が大だが、もっとも影響を与えているのは黒沢清監督の『CURE キュア』ではないだろうか。ミステリー映画ファンは、この作品のどこで犯人が解るか、挑戦してみよう。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年3月20日
キャスト 監督・脚本イ・ジョンヒョク
出演チョ・スンウ ヨム・ジョンア チ・ジニ
配給 ギャガ・コミュニケーションズ、アニープラネット
制作国 韓国(2002)
年齢制限 R-15
上映時間 106分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「H [エイチ]」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:44:08

広告を非表示にするには