渋谷怪談 作品情報

しぶやかいだん

都市に潜む恐怖の噂が、現実となって次々と襲いかかる! 終りのない心霊ホラー。

大学生のリエカ(水川あさみ)は、キャンプ場で突然赤ん坊の泣き声を聞く。皆は、折れた地蔵の頭を持ち出して心霊話で盛り上がっていた。しかし、東京に戻ると、仲間たちが次々と謎の失踪、変死を遂げていく。呪いを恐れ、リエカたちは地蔵を元に戻しに行くが、その夜、地蔵の首を折った圭太郎が突然死してしまう。本当の原因は、リエカたちがキャンプのために使ったコインロッカーにあった。それは5年間、捨てられた赤ん坊が死体で発見された、呪いのロッカーだった。

「渋谷怪談」の解説

渋谷の町に無数に存在するコインロッカー。この作品は、そのひとつに捨てられた赤ん坊の呪いをベースに、折れた地蔵の首、首吊りした少女など、街で噂になる怖い話の数々を詰めこんで描く心霊ホラー。捨て子の呪いは、関わった者たちをジワジワと追い詰めていく。この作品で怖いのは、やはり、追い詰められた若者たちの姿。彼らが目撃するものは、布の下でゴソゴソと動いている小さな物体でしかないのに、なぜか言い知れない怖さが迫ってくる。正気を失った顔、廃人となってしまった無表情の顔が、何よりもゾッとさせるからだろう。

水川あさみ、柏原収史ら、旬の若手俳優たちが、その恐怖を体当たりで演じきっている。泣き声から始まったコインロッカーの呪いは、やがて長い髪の少女へと形を変えて襲いかかる。この物語を知った後では、どんなロッカーも使う気になれないはず…。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年2月7日
キャスト 監督堀江慶
出演水川あさみ 柏原収史 森下千里 弓削智久 鈴木繭菓 和田聡宏
配給 ビターズ・エンド
制作国 日本(2003)
上映時間 71分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「渋谷怪談」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-21 17:56:37

広告を非表示にするには