忘れるものか 作品情報

わすれるものか

石原裕次郎、二谷英明出演のアクションもの

岡部司郎が京都に帰って来たのは、親友津村が謎の死をとげたと聞いたからだった。司郎は早速津村の妻夕子や司郎の弟分ケンを訪ねたが、依然ナゾのままだった。しかし、津村を敵視していた暴力団尾形一派が、重要なカギを握っているとみてとった。やがて、昔馴染の新聞記者鴨沢に会った司郎は、容疑者の一人巽を教えられた。だが、司郎が追うと何者かに射殺されてしまった。そんな折、ケンの恋人かおるが司郎に津村がバーのマダムのルミと関係していたと知らせて来た…。

「忘れるものか」の解説

『燃える大陸』を共同勢筆した小川英と蘇武道夫がシナリオの執筆にあたり、『三匹の悪党』の松尾昭典が監督したアクションもの。撮影は同作品でコンビを組んだ岩佐一泉。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督松尾昭典
出演石原裕次郎 二谷英明 星由里子 金田龍之介 日野道夫 玉川伊佐男 川口恒 市原悦子
制作国 日本(1968)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「忘れるものか」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:43:30

広告を非表示にするには