偶然にも最悪な少年 作品情報

ぐうぜんにもさいあくなしょうねん

CM界の鬼才兄弟が描く、ハチャメチャでピュアな少年たちのロード・ムービー

17才のヒデノリ(市原隼人)は、幼い頃からいじめられっ子の韓国人。この日、万引きの現場を押さえられていた真っ最中、タローに出会い、仲良くなる。18歳の由美は、厭世的で強迫性障害持ち。ヒデノリとタローとは、ボウリング場で出会うが、印象は最悪。ある日、ヒデノリの姉・ナナコが手首を切って自殺した。「姉ちゃんに韓国を見せてやりたい」。早速ヒデノリは、偶然再会した由美と、運転手役のタローを巻き込み、ナナコの死体を連れて博多へと向かうことにするが…。

「偶然にも最悪な少年」の解説

どっから見ても頼りなくて、どう考えても非常識な、行き当たりばったりの長距離ドライブ。乗車しているのは、地に足の着かない3人の若者と魂の抜けた一体の死体。とんでもなく奇抜で突飛なストーリーが、優しく、テンポよく進んでいく映画、『偶然にも最悪な少年』。監督は、CM界で強烈な才能を発揮してきたグ・スーヨン。脚本は、コピーライターとして世間を惹きつけてきた、スーヨン監督の実弟、具光然。2人のコンビネーションが見事に調和して、繊細ながらもパンチの効いたコミカルなドラマが出来上がった。

主演には、キレたキャラクターを思い切り演じた市原隼人、実力と存在感を増してきた池内博之、そして、音楽界で不思議なカリスマを放つ中島美嘉ら、注目の若手。彼らの周りに、ひょこひょこ顔を出す俳優陣は、風吹ジュン、袴田吉彦、佐藤江梨子、津川雅彦、前田愛、永瀬正敏、ともさかりえ、高橋克典、大滝秀治…と、その豪華さと奇妙な味わいに驚かされる。ぼんやりした頭を思い切り振り回されるような、疾走感満点の作品だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年9月13日
キャスト 監督グ・スーヨン
脚本具光然
出演市原隼人 中島美嘉 池内博之 矢沢心 柄本佑 岡田義徳 余貴美子 柄本明
配給 東映
制作国 日本(2003)
年齢制限 PG-12
上映時間 113分

(C)2003 Film Committee GOO

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「偶然にも最悪な少年」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-20 12:09:36

広告を非表示にするには