フリーダ 作品情報

ふりーだ

愛と情熱に命を燃やし、その生を鮮烈に駆け抜けた画家、フリーダ・カーロの生涯

奔放で活発な少女、フリーダ(サルマ・ハエック)は、18歳の時、路面電車の衝突事故で大怪我を負った。奇跡的に一命をとりとめ、両親に贈られた画材で自画像を描き始めたフリーダは、画家のディエゴ・リベラにその才能を認められ、同志として、男と女として強く惹かれあっていく。しかし、浮気性のディエゴとの結婚生活、初めての妊娠と流産は、フリーダの人生に大きな波紋を投げかけた。孤独と苦悩の中で、フリーダは溢れる情熱をキャンパスに塗りこめていく…。

「フリーダ」の解説

強く前を見据え、霊的なオーラを放つ女性が描かれた自画像。20世紀前半、壮絶な運命に翻弄されながら、全力をかけて生き抜いたメキシコ人画家、フリーダ・カーロの作品を見ると、まるでキャンパスに血肉が息づいているような錯覚を覚える。この画家は、どんな思いで自らを描いていったのか…。『フリーダ』は、大事故にあった少女時代から死を迎えるまで、彼女の人生を鮮烈に描き出していく。

まず目に飛び込んでくるのは、画面に広がる鮮やかな色彩。中米の風土に満ちたメキシコの家や、悲惨な事故現場に舞う金箔の輝きなど、まるで、フリーダが描いた絵のようにヴィヴィットで、生々しくさえある。そのなかで、絶望と再起を繰り返した画家の運命が、繊細かつ大胆に浮かび上がってくる。写真や絵を使ったコラージュなどの遊びも取り入れながら、フリーダ・カーロの激動の人生をドラマチックに映し出した。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年8月2日
キャスト 監督ジュリー・テイモア
出演サルマ・ハエック アルフレッド・モリーナ ジェフリー・ラッシュ エドワード・ノートン アントニオ・バンデラス ミア・マエストロ アシュレイ・ジャド
配給 アスミック・エース エンタテインメント
制作国 アメリカ(2002)
上映時間 123分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「PineWood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-04-08

巨匠エイゼンシュテイン監督の幻の名作<メキシコ、万歳!>の舞台で繰り広げられる画家の人生。そのカラフルな色調は南国の陽光を浴びて芳しく匂いたつー。フリーダ・カーロの絵の如し。メキシコの大壁画運動の指導者デイエゴ・リベラとの熱愛…。小麦色の肌のサルマ・ハエックがフリーダによく似合う♪<エヴァリー>等アクション・スターとは、また一味違うフェミニンな身体表現は、メキシコ絵画から銀幕へと抜け出て来た見たいだ。


レビューを投稿する

「フリーダ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-02-14 10:00:47

広告を非表示にするには