オー・ド・ヴィ 作品情報

おーどぶぃ

酒と泪と男と女…。函館を舞台に繰り広げられる、濃厚なブランデーのような物語

北海道、函館。バー・フィ二ステールには今夜も極上の“オー・ド・ヴィ”を求めて人が集まってくる。バーテンの順三郎とオーナーのあや子は訳ありの関係。一方、浜辺に全裸の女の死体が上がる。その女の死に顔はとても幸せそうだった。そんな時、バーの近くにあるフレンチレストランで働く火露見という女がフィ二ステールの門をくぐる。寂しそうだがどこか投げやりな彼女に順三郎は興味を覚え、2人は急接近。順三郎とあや子の関係も危しくなっていく。浜辺では今夜も全裸女の死体が。その死に顔が嬉しそうなのはなぜ…?

「オー・ド・ヴィ」の解説

本作は2000年の函館港イルミナシオン映画祭において、一般公募のシナリオの中から選ばれたグランプリ受賞作の映画化。“オー・ド・ヴィ”とは生命の水という名の蒸留酒。この生命の水がないと生きていけない人々を、ミステリアスに描く。監督は『月とキャベツ』『木曜組曲』などの篠原哲雄。岸谷五郎が激しさと純粋さをあわせ持ち、ちょっと複雑な順三郎役を好演。

鰐淵晴子が久々にスクリーンに登場、妖艶な姿を披露。最近はコミカルな役も多い松重豊もキレたフレンチシェフを嬉々として演じ、ファンとしてはちょっとうれしい。バンドネオンの音色がぴったりのヨーロピアンテイストの作品になっている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年2月15日
キャスト 監督篠原哲雄
音楽あがた森魚
出演岸谷五朗 小山田サユリ 村田充 寺田農 鰐淵晴子
配給 アミューズピクチャーズ
制作国 日本(2002)
上映時間 123分

(C)2001アミューズピクチャーズ/BS-i/パシオン

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「オー・ド・ヴィ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:41:23

広告を非表示にするには