AKIRA DSR(デジタル・サウンド・リニューアル)版 作品情報

あきらでじたるさうんどりにゅーあるばん

世界を魅了した『AKIRA』が、新しい音質で生まれ変わった決定版が登場!

1988年、東京で起きた大爆発は、第三次世界大戦へと発展した。そして、2019年。東京は復興を遂げ、「ネオ東京」として生まれ変わった。職業訓練校の不良生徒、金田と鉄雄は、バイク団を率いて人気のない高速道路を走っていた。そこへ、手のひらに26の文字を入れた男、タカシが現れる。タカシは、強大な力を持つ最高機密「アキラ」に間違われ、軍に追われていたのだ。突然、空に軍のヘリが現れ、転倒し気を失った鉄雄とタカシを連れ去った。運び込まれたラボで、鉄雄は不思議な力に目覚め始める。

「AKIRA DSR(デジタル・サウンド・リニューアル)版」の解説

20年前、雑誌連載が始まった大友克洋のアニメは、1988年に長編劇場版アニメーションとしてスクリーンに登場。ここから「アキラ」は、世界を興奮に巻き込んでいく。強烈なストーリー、芸術的な映像美、そして独特の音楽を取り入れた、今まで見たこともない作品。それまでのアニメのイメージを一変させ、日本のアニメーションを世界へ羽ばたかせる礎となった名作中の名作が、いよいよデジタル・サウンドで甦る。

88年の時点で、最も先端を行っていたドルビー版の音響効果は、90年代のメディア進化により実現したサラウンド効果となって「アキラ」をレベルアップさせた。オリジナルの音源を出来るだけ活かしながら、5.1チャンネルから響いてくる細やかな音の質感。かつて感じた、あの引きずり込まれる感覚が、さらに深まること間違いない。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年11月9日
キャスト 監督・原作・脚本大友克洋
作画監督なかむらたかし
脚本橋本以蔵
声の出演岩田光央 佐々木望 小山茉美 玄田哲章 大竹宏 北村弘一 池水通洋 渕崎由里子 大倉正章 荒川太郎 草尾毅
配給 アキラ製作委員会/東京テアトル
制作国 日本(1988)
上映時間 124分

(C)1988 マッシュルーム/アキラ製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「AKIRA DSR(デジタル・サウンド・リニューアル)版」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:40:51

広告を非表示にするには