マイノリティ・リポート 作品情報

まいのりてぃりぽーと

スティーヴン・スピルバーグ&トム・クルーズ、夢のコラボレーションが実現! 驚きの映像とストーリーで魅了する近未来サスペンス!

マイノリティ・リポートのイメージ画像1

2054年、ワシントンD.C.。全ての殺人はプリコグと呼ばれる予知能力者3人により予知され、犯行前に犯人はジョン・アンダートン(トム・クルーズ)率いる犯罪予防局によって逮捕されるという完璧なシステムにより、犯罪は激減していた。しかし、ある日、プリコグの思いも寄らぬ予知により、アンダートンは逃亡者になるハメに。それは、36時間後に会ったこともない男を彼が殺害するという予知だったのだ…。

「マイノリティ・リポート」の解説

『ブレードランナー』の原作者としてお馴染みのカルト的人気を誇るSF作家フィリップ・K・ディックの短編をスティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演という豪華な顔合わせで映画化。元々、いつか一緒に仕事をしたいと願っていた2人だったが、なかなかチャンスが恵まれず、『アイズ・ワイド・シャット』の撮影中にトムがこの作品の初期の脚色シナリオを読み、衝撃を受け、スピルバーグに送ったことから製作がスタート。

何よりも驚かされるのはこの物語の構築。犯行を起す前に犯人を捕らえることで、犯罪を事前に食い止めるという、一見、理想的なシステムの思わぬ落とし穴から起こるサスペンスは、「犯人は誰なのか?」ではなく、「何故、殺したのか?」という逆の考えで進む、まったく新しい形の謎解き手法をとることで見る者をグイグイと物語りに引き込んでいくだろう。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年12月7日
キャスト 監督スティーヴン・スピルバーグ
原作フィリップ・K・ディック
出演トム・クルーズ コリン・ファレル サマンサ・モートン マックス・フォン・シドー
配給 20世紀フォックス映画
制作国 アメリカ(2002)
上映時間 145分

[DVD情報/Amazonで購入]

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-08-26

ヤヌス・カシミンスキーのカメラワークに注目したいSF映画何だなあ🎵

最終更新日:2020-01-23 13:22:58

広告を非表示にするには