ゴースト・オブ・マーズ 作品情報

ごーすとおぶまーず

ホラー映画の巨匠、ジョン・カーペンターが贈る近未来ロック・バトルの決定版がいよいよ登場!

入植作業が進む近未来の火星、シャイニング・キャニオン。凶悪犯罪者ウィリアムズ(アイス・キューブ)の護送にやってきた火星警察は、人気のない炭鉱を調査し始めるが、隊長のブラドックは何者かに首を切られてしまう。それは封印を解かれた火星先住民のゴーストが乗り移った、亡霊化した人間たちだった。バラード警部補(ナターシャ・ヘンストリッジ)らはウィリアムズと協力し、迫り来る亡霊たちと戦いながら、シャイニング・キャニオンからの脱出を図るのだった。

「ゴースト・オブ・マーズ」の解説

『ゼイリブ』や『マウス・オブ・マッドネス』、『光る眼』と、異生物に支配された人間の恐怖を独特の視線で描いてきたカーペンター監督が、最新作では異星に響くバリバリのロックにあわせたハードなホラーを描き出した。次々と人間に憑依するゴーストたちは、宿主の体を借りて銃をぶっ放し、鋭利なブーメランナイフを飛ばしまくる。

クビやら腕やらがズバリと切れる痛さといい、とり憑かれた人間が次第に生気を失い黒ずんでいく表情といい、スプラッタとサイコを掛け合わせ、頭と体に響いてくるような見せ方。赤い星で繰り広げられる鮮明な画と、それをアジるような音楽は、もはや恐怖というより、戦い抜き逃げ切るスピード感にひたすら盛り上がる感覚ホラーだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年7月13日
キャスト 監督・脚本・音楽ジョン・カーペンター
出演アイス・キューブ ナターシャ・ヘンストリッジ ジェイソン・ステイサム パム・グリアー クレア・デュバル
配給 メディアボックス
制作国 アメリカ(2001)
上映時間 98分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ゴースト・オブ・マーズ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-06 17:38:10

広告を非表示にするには