溺れる人 作品情報

おぼれるひと

平穏な夫婦に起きた奇妙な出来事。現実と妄想の中でずれてゆく人間関係を描いた異色作

ソファーでウトウトしていたトキオ(塚本晋也)がふと気付くと、妻のクミコ(片岡礼子)は浴室で頭まで浸かり溺れていた。呆然とクミコの体を見つめるトキオは救急車も呼べず、不思議に冷静にコーヒーを飲む。動揺を打ち消すように酒を浴び、そのまま寝入ってしまった。翌朝、目覚めるとそこにはいつもと変わらないクミコの姿がある。安心したトキオだったが、その事件以来、2人の関係には以前とは異質な空気が流れ始めていた。

「溺れる人」の解説

溺れ死んだはずの妻が、翌朝目覚めると生きている…。この物語はそんな不条理からはじまり、それにまつわる妄想、不安、トラウマに気付かされていく夫婦を描いている。クミコは本当に死んだのか、それとも気絶しただけなのかはわからない。もしかしたら本当に死んで、平穏な夫婦生活から甦ったのかもしれない。

16ミリで撮られた飾りのない映像は、「たが」が外れていく夫婦の日常生活をリアルに切り取り、生と死を隣に感じる居心地の悪さを生み出している。監督自身が離婚を経験した後に、「これを作らなければ」という思いに駆られて作り上げたという本作。妻と夫、男と女、家族、友人…様々な形でくくられる人間関係の溝に、誰もが溺れているのかもしれない。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年5月25日
キャスト 監督一尾直樹
出演片岡礼子 塚本晋也
配給 ゼアリズエンタープライズ
制作国 日本(2000)
上映時間 82分

(C)2000 ICHIO Naoki, NAGOYA VISUAL ARTS COLLEGE, KUSAKABE Keiko

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「溺れる人」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:39:50

広告を非表示にするには