浮雲 作品情報

うきぐも

成瀬巳喜男監督が、自堕落な男に着いていってしまう女の宿命を描いた愛と悲劇の物語。

戦時中、赴任先のインドシナで、妻ある男と出会い愛し合ったゆき子。男を追って引き揚げてきたゆき子だったが、相手の自堕落さに一時は外国人相手の売春婦にまで身を落としたが、どうしても別れることができなかった。そして、改めて新生活を始めようとある小島へ旅立った2人だったが、そこでゆき子は病に伏し、男に看取られながらこの世を去っていくのだった。

「浮雲」の解説

女優・高峰秀子の代表作。ストーリー展開が激しく、主人公を演じた高峰、森の緊張感の伝わる絡み合いを監督の成瀬は見事に捉えている。この作品に描かれた、地の果てまでも男を追うヒロインの姿は、一つの女性像を作り上げたといえるだろう。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督成瀬巳喜男
出演高峰秀子 森雅之 中北千枝子 岡田茉莉子 山形勲 加東大介
配給 東宝
制作国 日本(1955)
上映時間 124分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-08-15

NHKラジオ朗読の時間で放送中の林芙美子の原作,富岡とゆき子の関係が切々と伝わって来て本篇のくぐもった秀逸なシーンがふたたび蘇って

最終更新日:2021-01-14 17:40:12

広告を非表示にするには