X-メン 作品情報

えっくすめん

人気アメリカン・コミックを映画化 超能力ミュータントたちが敵と見方に別れて壮絶な死闘を展開

X-メンのイメージ画像1

遺伝子の突然変異により超人的パワーを手にしたミュータントたち。しかし、彼らはその特殊能力ゆえに、社会から疎外されてしまう。プロフェッサーXは、ミュータントと人類の平和的共存を願い、ミュータント・チーム”X-メン”を組織する。そして今、X-メンと悪のミュータント組織との人類存亡をかけた超能力バトルの幕が開く.

「X-メン」の解説

アメリカン・コミックの世界を映画化する際にビッグ・スターを起用すると、原作のイメージがぶち壊しになることが多い。例えば『バットマン』シリーズではミスター・フリーズにシュワちゃんを起用するなど、無理なキャスティングが目立った。マーヴェル・コミックの発行人を経て、マーヴェルメディアの名誉会長兼マーヴェル・コミックスの編集委員となったスタン・リー、マーベル・スタジオの社長アヴィ・アラドが製作総指揮に参加している『X-メン』は原作のムードを損なわないよう心がけられているのがいい。

善と悪の親玉にパトリック・スチュワートとイアン・マッケランというベテラン俳優を配し、白熱した演技合戦が荒唐無稽な物語を引き締めている。謎めいた過去を持つヒーロー、ウルヴァリン役にはダグレイ・スコットがキャスティングされていたが、『Mi:2』の撮影が長引いて出演不可能となり、急遽オーストラリア出身のヒュー・ジャックマンが起用された。でもこれは正解。ジャックマンの野性的な魅力が存分に生かされている。VFXシーンの鮮やかさは言うに及ばず。超能力ウォーズを背景にしながら、登場人物の内面のドラマにまで踏み込んでいるのが新鮮。このあたりがブライアン・シンガー監督のこだわりなのかもしれない。

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督ブライアン・シンガー
出演ファムケ・ヤンセン パトリック・スチュアート ジェームズ・マーズデン イアン・マッケラン アンナ・パキン
制作国 アメリカ(2000)

[DVD情報/Amazonで購入]

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「X-メン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-12-14 13:16:31

広告を非表示にするには