太陽を盗んだ男 作品情報

たいようをぬすんだおとこ

長谷川和彦監督による、日本映画史に残る衝撃の名作がニュープリント版で登場

中学校の物理教師の城戸誠(沢田研二)は、東海村の原子力発電所からプルトニウムを強奪し、自室での原爆製造に成功する。彼はそれを武器に、自ら“9番”と名乗り、政府に対してTVの野球中継の延長やローリング・ストーンズの来日公演、ついには5億円もの大金を要求する。国家を敵に回しての孤独な戦いが始まるのだった。そして、交渉相手に警視庁の山下(菅原文太)を指名してきた。ヤツの狙いはいったい…。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2001年10月20日
キャスト 監督長谷川和彦
出演沢田研二 菅原文太 池上季実子
制作国 日本(1979)
上映時間 147分

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-05-13

長谷川和彦監督の本篇やデビュー作「青春の殺人者」は嘗て名画座で満員状態で観賞した事が在った,アンチ・ヒーローの作品群だが、何処かコミカルで憎めない主人公の振る舞いに場内,爆笑が続いた記憶も…💥

最終更新日:2019-10-08 00:01:03

広告を非表示にするには