陰陽師 作品情報

おんみょうじ

平安の魔術師、安倍晴明の運命をスタイリッシュな映像と豪華キャストで描いた新感覚時代劇!

平安時代、怨霊や妖怪達の心を妖術を持って鎮める「陰陽師」という男達がいた。その中でも多くの殿上人から絶大な信頼を受けていたのが、謎めいた男・安倍晴明(野村萬斎)だった。そんな晴明を最初は苦手と思いながらも交流を深めていくうちに、すっかり打ち解けあう右近衛府中将の源博雅(伊藤英明)。しかし、平穏な日々は長くは続かず、朝廷中を震撼させる恐ろしい出来事が彼等を襲うのだった…。

「陰陽師」の解説

夢枕獏原作の同名小説から、コミック、ドラマと人気に火が付いて、今や関連本やビデオの発売、あげくには京都にある晴明神社が観光スポットの一つになってしまったほど。平安時代に実在した陰陽師・安倍晴明の出生は未だに明らかにあっておらず、母親は白狐だったという噂まであったほど謎に包まれている。

この物語に書かせない妖術シーンや怨霊などを最新のVFXを駆使し、見事に映画化した本作の見どころは、なんといっても主人公、安倍晴明をミステリアスに演じた狂言師・野村萬斎。映画初主演とは思えないほどの貫禄と存在感を発揮し、妖艶な安倍晴明をスクリーンに蘇らせている。いっぽう、晴明の親友的な存在である博雅に扮する時代劇初出演の伊藤英明はどこか頼り無く滑稽。このアンバランスさが逆に映画をコミック的に見せ、女性向けの作品として成り立っている気がした。さらに謎の女に小泉今日子、蝶の精霊に元SPEEDの今井絵理子、そして晴明のライバルでもある陰陽頭・道尊に真田広之が扮し、迫力のある演技を披露している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2001年10月6日
キャスト 監督滝田洋二郎
原作夢枕獏
出演野村萬斎 伊藤英明 今井絵理子 小泉今日子 真田広之
配給 東宝
制作国 日本(2001)
上映時間 116分

(C)2001“陰陽師”製作委員会/東北新社/TBS/電通/角川書店/東宝

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「陰陽師」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-09-30 17:01:13

広告を非表示にするには