バガー・ヴァンスの伝説 作品情報

ばがーぶぁんすのでんせつ

心に傷を負った伝説のゴルファーが自分の“スイング”を取戻すまで

'28年ジョージア州サヴァンナ。伝説のゴルファーであるジュナ(M・デイモン)は戦場で心傷つき、隠遁生活を送っていた。一方、自殺した父に代わりゴルフ場を切り盛りするジュナの元恋人アデール(S・セロン)は大不況にあえぐゴルフ場を救うため、エキジビジョン・マッチを企画、ジュナを出場させようとする。

「バガー・ヴァンスの伝説」の解説

『リバー・ランズ・スルー・イット』のロバート・レッドフォード監督最新作。自分を見失った元ゴルファーのジュナが再びゴルフの世界に戻り、ゲームを競うことによって自分自身を取り戻すまでを描く。どこかファンタジーの香りが漂うのは、ジュナのキャディとなるバガー・ヴァンス(W・スミス)の存在のせい。人生の謎を教える彼自身の存在が謎、監督曰く”まるでコヨーテのようなペテン師”なのだ。それをスミスが粋に演じている。勝ち気なジュナの元恋人を演じるシャーリズ・セロンも好演。 映画は我々にこう語る。「誰でも自分のスイングを持っている。大切なのはそれを見つけることだ」と。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2001年3月3日
キャスト 監督ロバート・レッドフォード
出演マット・デイモン ウィル・スミス シャーリズ・セロン
配給 20世紀フォックス映画
制作国 アメリカ(2000)
上映時間 126分

(C)2000 TWENTIETH CENTURY FOX

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「水口栄一」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-07-04

私はある有名なプロゴルファーのファンである。地元の方だが、ご自宅も私のウォーキングコースのすぐ近くだ。だからプロゴルファーにはとても関心があり、この映画を観たのだ。これは人が成長していくという意味において、とても心地よい映画だと思った。ファンタジックなシーンがたまらない。

最終更新日:2020-08-07 11:56:35

広告を非表示にするには