BROTHER 作品情報

ぶらざー

第57回ベネチア国際映画祭で上映され、スタンディング・オベーションを受けた北野武の超話題作兄弟愛、男の友情、仁義、日本とLAを舞台に繰り広げる熱いドラマ

抗争の果てに、組を亡くした山本(ビートたけし)。彼は弟(真木蔵人)が暮らしているロサンゼルスへと向かった。しかし弟は、黒人の友人(オマー・エプス)達とつるんでドラッグの売人になりさがっていた。たまたま弟のドラッグトレードにでくわした山本は、本能のまま、銃を撃ち、相手を殺してしまう。やがて、それはロサンゼルスの闇組織を動かす大きなきっかけとなるのだった…。

「BROTHER」の解説

すっかり「日本のキタノ」という名前で世界的にも知られるようになった北野武監督。そんな北野組の新作は、お得意の暴力と男の友情を描いたハードボイルドもの。ただし、今作は世界的に有名になった北野武が映画作りにも世界を意識して作ったようにもとれる、ロサンゼルスと東京が舞台の日映合作作品。無口で、凄腕のヤクザと異国で気ままに生きる弟との兄弟愛、そしてヤクザの世界では盃を交わした者を「兄弟」と呼ぶように、部下達は「アニキ」と呼ぶ。そんな特殊な関係を、外国人の部下達と持ち、言葉や風習を越え、目に見えない堅い契りを交わし合う登場人物。けっしてヤクザ映画ではなく、愛に満ちた映画と作り上げた北野武監督の更なる飛躍を確信する内容となっている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2001年1月27日
キャスト 監督・脚本・編集北野武
出演ビートたけし オマー・エプス 真木蔵人 加藤雅也 石橋凌 渡哲也
配給 オフィス北野/松竹
制作国 日本=イギリス(2000)
上映時間 114分

(C)2000 Little Brother,Inc.

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「BROTHER」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-25 15:00:50

広告を非表示にするには