2019年11月 第4週の映画ランキング

今週のランキングは、『アナと雪の女王2』(ディズニー)が土日2日間で動員121万1000人、興収16億1600万円をあげ、他の追随を許さない圧倒的な強さで初登場1位に輝いた!

集計日付:2019年11月23日~11月24日

 今週の映画動員ランキングは、『アナと雪の女王2』(ディズニー)が土日2日間で動員121万1000人、興収16億1600万円をあげ、他の追随を許さない圧倒的な強さで初登場1位に輝いた。初日から3日間の累計では145万人、19億円を突破、2014年の春休みに公開され、最終興収歴代3位となる255億円という大ヒットを記録した前作「アナと雪の女王」を大きく上回る大ヒットスタートとなっている。前作に引き続き、アナとエルサの声をクリステン・ベルとイディナ・メンゼル、日本語吹替版で神田沙也加と松たか子が続投しているほか、監督も前作同様ジェニファー・リーとクリス・バックが務めている。

  2位には、土日2日間で動員16万人、興収2億400万円をあげた『決算!忠臣蔵』(松竹)が初登場。東大教授・山本博文による『「忠臣蔵」の決算書』を原作に、「殿、利息でござる」の中村義洋の脚本・監督で実写映画化した時代劇コメディで、堤真一が大石内蔵助を、内蔵助を支える貧乏なそろばん侍・矢頭長助を、時代劇初挑戦となる岡村隆史(ナインティナイン)が演じ、ダブル主演を務める。共演にも横山裕、妻夫木聡ら豪華俳優陣が顔をそろえている。

  公開から2週連続で首位に立っていた『ターミネーター:ニュー・フェイト』(ディズニー)は、土日2日間で動員15万人、興収2億300万円をあげ3位にランクイン。累計では動員130万人、興収18億円を突破した。公開2週目週末に、前の週の1.5倍もの成績をあげる躍進をみせた『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』(アスミック・エース)は、今週も落ちの少ない興行で4位にランクイン。続く5位には累計で動員110万人、興収15億円を突破した『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』(ワーナー)が、6位には累計で動員328万人、興収48億円を突破した『ジョーカー』(ワーナー)がつけている。

  ほか新作では人気ゾンビコメディ「ゾンビランド」の10年ぶりとなる続編『ゾンビランド:ダブルタップ』(ソニー)が9位でスタートを切った。ウディ・ハレルソン、エマ・ストーン、ジェシー・アイゼンバーグらキャストをはじめ、監督も前作に引き続きルーベン・フライシャーが務めている。

最終更新日:2019-12-03 15:30:02

広告を非表示にするには