マチネの終わりに 作品情報

まちねのおわりに

世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史(福山雅治)は、公演の後、パリの通信社に勤務するジャーナリスト・小峰洋子(石田ゆり子)と出会う。共に四十代という独特で繊細な年齢を迎えていた2人は、出会った瞬間から強く惹かれ合い、心を通わせてゆく。洋子に婚約者がいることを知りながらも、高まる想いを抑えきれない蒔野。やがて彼は、洋子に愛を告げる。しかし、それぞれをとりまく目まぐるしい現実に向き合う中で、2人の間に生じた思わぬ障害が原因で、それぞれの想いは決定的にすれ違ってしまう。互いへの感情を心の底にしまったまま、別々の道を歩む蒔野と洋子が辿り着いた愛の結末とは……。

「マチネの終わりに」の解説

芥川賞作家・平野啓一郎の恋愛小説を福山雅治と石田ゆり子の共演で映画化。世界的なクラシックギタリスト、蒔野聡史は公演の後、パリの通信社で働く小峰洋子と出会う。共に40代を迎えた2人はたちまち惹かれ合うが、やがてその思いがすれ違うことに……。西谷弘監督と脚本家の井上由美子は「昼顔」のコンビ。共演は「翔んで埼玉」の伊勢谷友介、「アイムクレイジー」の桜井ユキ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年11月1日
キャスト 監督西谷弘
原作平野啓一郎
出演福山雅治 石田ゆり子 伊勢谷友介 桜井ユキ 木南晴夏 風吹ジュン 板谷由夏 古谷一行
配給 東宝
制作国 日本(2019)
上映時間 123分

(C)2019 フジテレビジョン アミューズ 東宝 コルク

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:4.32点★★★★☆、22件の投稿があります。

P.N.「水口栄一」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2022-06-30

マチネの終わりにを観て、とても感動した。私はこの映画は原作が平野啓一郎さんだから観たのだ。これはあまりにも心地よかった。素晴らしい作品だと思った。俳優陣も実に素晴らしく、演技も最高だったと思う。私はこのストーリーに流れる時間が大好きだ。また観たくなる作品だ。

最終更新日:2022-07-26 11:03:21

広告を非表示にするには