2019年7月 第4週の映画ランキング

今週のランキングは、『天気の子』(東宝)が土日2日間で動員70万4000人、興収10億1200万円をあげ2週連続1位を獲得した!

集計日付:2019年7月27日~7月28日

 今週の映画動員ランキングは、『天気の子』(東宝)が土日2日間で動員70万4000人、興収10億1200万円をあげ2週連続1位を獲得した。累計では動員287万人、興収39億円を突破している。

  続く『トイ・ストーリー4』(ディズニー)は、土日2日間で動員45万6000人、興収6億2800万円をあげ2位をキープ。7月27日(土)には公開16日目にして累計興収50億円を超え、ディズニー、ピクサーのアニメーション全タイトル中、史上最短となる記録を打ち立てた。7月28日までの累計では、動員415万人、興収55億円を突破している。

  三田紀房が第二次世界大戦を数学者の視点で描いた、かつてないコミックを実写映画化した『アルキメデスの大戦』(東宝)は、土日2日間で動員20万2000人、興収2億6500万円をあげ3位に初登場。3日間の累計では動員26万6000人、興収3億4600万円をあげるヒットスタートを切った。日本最高峰のVFXチームを率いて「ALWAYS三丁目の夕日」シリーズ、「永遠の0」など多くのヒット作を手掛けてきた山崎貴が監督を務め、主人公である稀代の天才数学者・櫂直を菅田将暉が演じる。共演は柄本佑、浜辺美波ら注目の若手に加え、舘ひろし、笑福亭鶴瓶、小林克也ら豪華ベテラン陣が脇を固める。

  平成仮面ライダーシリーズの記念すべき20作目となった「仮面ライダージオウ」、スーパー戦隊シリーズの43作目となる「騎士竜戦隊リュウソウジャー」の劇場版2本立て『仮面ライダージオウ Over Quartzer/騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』(東映)は、土日2日間で動員19万4000人、興収2億4600万円をあげ4位でスタート。監督は田崎竜太(ジオウ)、上堀内佳寿也(リュウソウジャー)、主演は奥野壮(ジオウ)、一ノ瀬颯(リュウソウジャー)が務めている。

  「ミニオンズ」「SING シング」のイルミネーション・エンターテインメントによる大ヒットアニメ「ペット」の第2弾『ペット2』(東宝東和)は、土日2日間で動員17万5000人、興収2億2300万円をあげ5位にランクイン。監督は前作に引き続きクリス・ルノーが担当。お笑いコンビ「バナナマン」の設楽統&日村勇紀ら吹替版キャストも再集結している。

  既存作品では、6位の『アラジン』(ディズニー)が累計で興収109億円を、7位の『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』(東宝)が17億円を、8位の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(ソニー)が28億円を、10位の『Diner ダイナー』(ワーナー)が10億円をそれぞれ突破した。

最終更新日:2019-08-06 15:30:04

広告を非表示にするには