2019年2月 第1週の映画ランキング

今週のランキングは、『七つの会議』(東宝)が、土日2日間で動員26万人、興収3億3400万円をあげ初登場1位を獲得した!

集計日付:2019年2月2日~2018年2月3日

 今週の映画動員ランキングは、『七つの会議』(東宝)が、土日2日間で動員26万人、興収3億3400万円をあげ初登場1位を獲得した。初日からの3日間累計では、動員35万1000人、興収4億3400万円をあげるヒットスタートとなった。半沢直樹シリーズをはじめ、「陸王」「下町ロケット」など数々の大ヒットドラマを生み出してきた人気小説家・池井戸潤の企業クライムノベルを、野村萬斎、香川照之、及川光博ら豪華オールスターキャストで実写映画化。監督は「私は貝になりたい」「祈りの幕が下りる時」などエモーショナルな映像表現が高く評価されている福澤克雄が務めている。

  2週連続で首位に立っていた『マスカレード・ホテル』(東宝)は、土日2日間で動員23万人、興収3億1600万円をあげ、2位にランクイン。累計では動員207万人、興収26億円を突破した。

  中島美嘉の大ヒット曲をモチーフに、岡田惠和の脚本、登坂広臣と中条あやみの主演で描くラブストーリー『雪の華』(ワーナー)は、土日2日間で動員15万1000人、興収1億9900万円をあげ、3位に初登場。監督は「羊と鋼の森」の橋本光二郎が務めている。初日からの3日間累計では、動員23万人、興収2億8000万円を突破している。

  アカデミー賞5部門を受賞した1964年公開の名作「メリー・ポピンズ」の20年後を描いた『メリー・ポピンズ リターンズ』(ディズニー)は、土日2日間で動員13万9000人、興収1億8600万円をあげ5位でスタートを切った。初日からの3日間累計では、動員20万人、興収2億6000万円を突破している。魔法使いメリー・ポピンズをエミリー・ブラントが演じるほか、リン=マニュエル・ミランダ、ベン・ウィショーらが出演。「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」、「イントゥ・ザ・ウッズ」等の大ヒット映画を手掛ける傍ら、舞台演出家・振付家としても活躍しているロブ・マーシャルが監督・原案を担当している。

  他既存作品では、先週2位でスタートを切った『十二人の死にたい子どもたち』(ワーナー)が、土日2日間で動員14万4000人、興収1億8500万円をあげ4位にランクイン。公開から13週目迎えた『ボヘミアン・ラプソディ』(FOX)は、土日2日間で動員13万3000人、興収1億9900万円をあげ6位。累計では動員794万人、興収109億円を突破し、現時点で歴代興収ランキング26位となっている。

最終更新日:2019-02-13 15:14:10

広告を非表示にするには