今夜、世界からこの恋が消えても 作品情報

こんやせかいからこのこいがきえても

今夜、世界からこの恋が消えてものイメージ画像1
今夜、世界からこの恋が消えてものイメージ画像2

僕の人生は無色透明だった。真織と出会うまでは――。クラスメイトに流されるまま、彼女に仕掛けた嘘の告白。しかし彼女は“お互い絶対に本気で好きにならないこと”を条件にその告白を受け入れた。そうして始まった偽りの恋。やがてそれが偽りとは言えなくなったころに、「病気なんだ私。前向性健忘って言って、夜眠ると忘れちゃうの。一日にあったこと、全部」と告白される。彼女はその日の出来事を日記に記録して、朝目覚めたときに復習することで何とか記憶をつなぎとめていた。その日ごとに記憶を失ってしまい、明日が来ることを恐れながら生きる彼女と、一日限りの恋を積み重ねていく日々。しかし僕には真織に伝えていないことがひとつだけある。だから、真織の幸せを守るために、僕は“ある作戦”を立てた。

「今夜、世界からこの恋が消えても」の解説

なにわ男子の道枝駿佑と東宝シンデレラガールの福本莉子のW主演で贈る青春恋愛映画。眠りにつくと記憶を失ってしまう「前向性健忘」を患ったヒロインと、そんな彼女を献身的に支えるも、自らも大きな秘密を隠し持っている主人公の儚くも切ない愛が綴られる。原作は2019年の電撃小説大賞を受賞した一条岬の同名小説。海外でも評判を呼び、2022年6月時点で日本・韓国・中国で50万部越えの大ヒットを記録。監督には「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」「坂道のアポロン」などの三木孝浩。脚本には「君の膵臓をたべたい」「君は月夜に光り輝く」の月川翔と、「明け方の若者たち」で監督を務めた新鋭・松本花奈が共作。音楽を「糸」の亀田誠治が手掛けている。主人公・神谷透を演じた道枝駿佑にとって十代を締めくくる待望の初主演映画であり、福本莉子とはドラマ『消えた初恋』以来、二度目の共演。フレッシュな二人の眩しい光に満ちた作品となった。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年7月29日
キャスト 監督三木孝浩
原作一条岬
出演道枝駿佑 福本莉子 古川琴音 前田航基 西垣匠 松本穂香 野間口徹 野波麻帆 水野真紀 萩原聖人
配給 東宝
制作国 日本(2022)
上映時間 121分
公式サイト https://sekakoi-movie.toho.co.jp/

(C)2022「今夜、世界からこの恋が消えても」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、6件の投稿があります。

P.N.「記憶にまつわるエトセトラ!?」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2022-08-09

刹那系胸キュンムービー。

小説が原作なのですが、作品はコミック的な仕上がりですね。

刹那系胸キュンムービーは、男女の若者が中心なのですが、せっかく、周りを固めているベテラン俳優陣が、さほど活躍していないのが残念です。

脚本も、練り込んだ感もなく、原作に近づけただけで、あっと驚く演出や展開はない感じ。

主に、若い女性をターゲットにした作品と言う印象。

洋画でもそうですが、スマホに頼るのは楽でしょうが?映画としては、ストーリーに深味が無くなり、無難になります。ただスマホの記録映画に傾く。

もう少し掘り下げ、ベテラン俳優との関わりなど工夫が欲しいところ。

まあ、若者にはこれでもいいのかも?

映画としては、もっとチャレンジ精神、イマジネーションが欲しい。

鑑賞の参考、まで。

最終更新日:2022-08-12 19:54:29

広告を非表示にするには