Fukushima 50 作品情報

ふくしまふぃふてぃ

2011年3月11日午後2時46分。マグニチュード9.0、最大震度7という日本の観測史上最大の地震が発生。これにより引き起こされた想定外の大津波が、“イチエフ”こと福島第一原子力発電所を襲う。浸水により全電源を喪失したイチエフは、原子炉を冷却できない状況に陥る。このままではメルトダウンが発生し、想像を絶する被害をもたらすことになる。1,2号機当直長の伊崎(佐藤浩市)ら現場作業員は、原発内に残り、原子炉の制御に尽力。全体指揮を執る吉田所長(渡辺謙)は、部下たちを鼓舞しながらも、状況を把握しきれていない本店や官邸からの指示に、怒りを露わにする。しかし、現場の奮闘もむなしく、事態は悪化の一途を辿る。原子炉建屋は次々と水素爆発を起こし、近隣の人々は避難を余儀なくされる。緊急出動する自衛隊。そして、“トモダチ”作戦の発動と共に米軍も動き出す。官邸は、最悪の場合、被害範囲は東京を含む半径250km、その対象人口は約5,000万人に上ると試算。それは、東日本の壊滅を意味していた。残された方法は“ベント”。いまだ世界で実施されたことのないこの手段は、作業員たちが体一つで原子炉内に突入して行う手作業だった。外部と遮断され、何の情報もない中、ついに作戦は始まった。皆、避難所に残した家族を心配しながら……。

「Fukushima 50」の解説

門田隆将のノンフィクションを原作に、東日本大震災時の福島第一原発事故を描いたドラマ。2011年3月11日、巨大地震が発生。大津波で原子炉が冷却できなくなった福島第一原発では、吉田所長や現場作業員の伊崎が、最悪の事態を回避しようとするが……。出演は「楽園」の佐藤浩市、「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」の渡辺謙。監督は「空母いぶき」の若松節朗。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年3月6日
キャスト 監督若松節朗
原作門田隆将
出演佐藤浩市 渡辺謙 吉岡秀隆 安田成美 緒形直人 火野正平 平田満 萩原聖人 吉岡里帆 斎藤工 富田靖子 佐野史郎 堀部圭亮 田口トモロヲ 段田安則 篠井英介 矢島健一 小倉久寛 和田正人 石井正則 三浦誠己 堀井新太 金井勇太 増田修一朗 須田邦裕 皆川猿時 前川泰之 ダニエル・カール 小野了 金山一彦 天野義久 金田明夫 小市慢太郎 伊藤正之 阿南健治 中村ゆり ダンカン 泉谷しげる 津嘉山正種
配給 松竹=KADOKAWA
制作国 日本(2020)
上映時間 122分

(C) 2020「Fukushima 50」製作委員会

動画配信で映画を観よう! [PR]

小説を読む

Fukushima 50

小説 Fukushima 50 (角川文庫)

  • Amazon
※2020年3月10日時点の情報です。

ユーザーレビュー

総合評価:4.54点★★★★☆、42件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-03-13

日テレの放映で視聴。昨年のロードショー公開時の話題作。3.11から十年後,テレビやラジオで特集が組まれ多くの証言が為される中でまだまだ真実が明らかで無い分野。廃炉処理の道程も遠く原発事故の終息は何時に?ノンフィクションとフィクションの狭間で虚構の劇映画ながら優秀な映画美術,撮影,出演者のドラマの火花散る演出が魅せる。報道写真等の記録された現実風景と比べつつ複雑な思いを抱いて見入るのだが

最終更新日:2024-05-28 10:52:02

広告を非表示にするには