アイネクライネナハトムジーク 作品情報

あいねくらいねなはとむじーく

仙台駅前にある大型ビジョンを望むペデストリアンデッキに、日本人初の世界ヘビー級王座を賭けたタイトルマッチを見る人が集まっていた。そんななか、街頭アンケートに立つマーケティングリサーチ会社勤務のサラリーマン・佐藤(三浦春馬)は、ふとギターの弾き語りを耳にする。歌に聴き入るリクルートスーツ姿の女性・本間紗季(多部未華子)と目が合った佐藤は思い切って声をかけると、アンケートに協力してくれる。紗季の手に書かれた“シャンプー”の文字を思わず佐藤が声に出すと、紗季は微笑む。元々劇的な“出会い”を待つだけの佐藤に、大学時代からの友人で、同級生の由美(森絵梨佳)と結婚し、2人の子供たちと幸せな家庭を築いている織田一真(矢本悠馬)は上から目線で出会いの極意を説く。佐藤は職場の上司である藤間(原田泰造)にも出会いについて相談するが、妻と娘に出て行かれたばかりの藤間は途方に暮れていた。一方、佐藤と同じく出会いのない毎日を送っていた由美の友人・美奈子(貫地谷しほり)は、美容室の常連客・香澄(MEGUMI)から紹介された、声しか知らない男に惹かれていた。10年後、高校生になった織田家の長女・美緒(恒松祐里)は、同級生の和人(萩原利久)や亜美子(八木優希)と一緒に変わらない日々を過ごしている。佐藤は付き合い始めて10年になる紗季にプロポーズするが……。そして美奈子の恋や、藤間の人生は……?

「アイネクライネナハトムジーク」の解説

シンガーソングライター・斉藤和義との交流から生まれた伊坂幸太郎の同名恋愛小説集を、「愛がなんだ」の今泉力哉が映画化。劇的な出会いを待つ会社員・佐藤は、仙台駅前で街頭アンケートに立っていた。そのとき、ギターの弾き語りに聴き入る紗季と目が合う。出演は、「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」の三浦春馬、「トラさん 僕が猫になったワケ」の多部未華子、「スマホを落としただけなのに」の原田泰造、「ちはやふる」シリーズの矢本悠馬。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年9月20日
キャスト 監督今泉力哉
原作伊坂幸太郎
出演三浦春馬 多部未華子 矢本悠馬 森絵梨佳 恒松祐里 萩原利久 八木優希 成田瑛基 こだまたいち MEGUMI 柳憂怜 濱田マリ 中川翼 祷キララ 藤原季節 伊達みきお 富澤たけし 貫地谷しほり 原田泰造
配給 ギャガ
制作国 日本(2019)
上映時間 119分

(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

動画配信で映画を観よう! [PR]

原作小説を読む

アイネクライネナハトムジーク

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)

伊坂幸太郎

  • U-NEXT
  • Amazon
※2019年7月24日時点の情報です。

ユーザーレビュー

総合評価:4.33点★★★★☆、12件の投稿があります。

P.N.「雪風」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2024-04-11

クラシック音楽の話と思ってましたが、違ったので視聴しました。いろんな人物がつながっていて、それぞれがハッピーエンドでめでたしめでたし。小説読んでみたくなりました。

最終更新日:2024-07-12 02:00:03

広告を非表示にするには