ウルフズ・コール 作品情報

うるふずこーる

フランス発の潜水艦サスペンス

ウルフズ・コールのイメージ画像1
ウルフズ・コールのイメージ画像2

フランス軍の潜水艦で、並み外れた聴覚を活かし「黄金の耳」と呼ばれる特殊分析官として従事するシャンテレッド。それは僅かに聞こえる音から敵の動向を探る重要なポジション。しかしシリアでの潜航任務中、彼は怪しげな音に気づくも識別に失敗し、その判断ミスから甚大な危機を招いてしまう。彼の耳を惑わせたのはまるで“狼の歌”のような正体不明のソナー音。やがて再びその音が聞こえたとき、シャンテレッドは人類滅亡の危機を賭けた決断を迫られる。

「ウルフズ・コール」の解説

正体不明のソナー音に翻弄されるフランス海軍原子力潜水艦の危機を描く潜水艦アクション。主演は『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』『おかえり、ブルゴーニュへ』のフランソワ・シヴィル。(作品資料より)

ウルフズ・コールのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年9月25日
キャスト 監督・脚本アントナン・ボードリー
出演フランソワ・シヴィル オマール・シー マチュー・カソヴィッツ レダ・カテブ
配給 クロックワークス
制作国 フランス(2019)
上映時間 115分
公式サイト http://klockworx-v.com/wolfscall/

(C)2019 - PATHE FILMS - TRESOR FILMS - CHI-FOU-MI PRODUCTIONS - LES PRODUCTIONS JOUROR - JOUROR

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「ige」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2020-09-28

期待していたストーリーでは無くてかなり重たい内容の作品だった感じ。
だけど観たことに後悔はありません。

ソナー操作員シャンテレッドが主役。
「お前の耳で国を支えろ」と言われる程の能力の持ち主。
ソナー音から潜水艦のスクリューのプロペラの枚数が解るのは朝飯前。
上官がパソコンにパスワードを入力するキーボードのタッチ音でパスワードを解読する能力の持ち主(笑)

出だしはエンタメ度が高くてその後のストーリーに期待したけど徐々にシリアスな展開に。
ラストの予想もしていなかった後味の悪さに気持ちが深く沈んだ感じ。

潜水艦って攻撃されるとあんなにも燃えるものなのか?気になるところ。
乗組員が酸素マスクを着用するなんて思ってもいなかったけど艦内って良くできてるなって感じ。

シャンテレッドがこれからどう生きて行くるのか?
気になります( ´∀`)

最終更新日:2020-10-23 00:01:09

広告を非表示にするには