アイヌモシリ 感想・レビュー 3件

あいぬもしり

総合評価4.67点、「アイヌモシリ」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「つむつむ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-11-02

アイヌを差別や人権という固くてとっつきにくいテーマではなく、一人の少年の生活、成長過程という視点から描いていて、アイヌ民族はこういうものだって決めつけるわけでもない自然な共感ができる。
アイヌは特別ですっていうゴリゴリ感がなくて、この少年はたまたまアイヌコタンで育ってるんだというかんじ。
人が生きていくときって、民族に関わらず、親や家族やコミュニティや社会が習慣や価値観を作ってて、それが文化になっていく。アイヌだって同じように受け継いでいく。当たり前の話なんだけど、その自然さが作品になるっていうのがすごい。

P.N.「中学生“三部作”」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2020-10-26

フクロウの話題が続けざまに飛び込んで来る。

すべては、繋がっている。科学も、繋がりを説明する学問。

ふと見上げる今宵の月も、最初のシーンの月さながら。

『ミッドナイトスワン』『星の子』に続き『アイヌモシリ』も中学生の巣立ちの物語。

肝心の中学生の自立に、
注目が行かない。

多感で、自意識過剰、自我の目覚めのエネルギーに押し潰されそうな時期。

けれど、
『我思うゆえに我にあり』

自意識がなければ、生きている存在自体の意味がない。

信仰心を持て、

Boys,be ambitious!

イヨマンテ
意志を持て
にさえ響く。

イヨマンテを非難できる人間は、だれひとりいない。無知以外。

宗教に入信したから信仰心がある訳ではない。自らの足で立ち歩む者、「自ら助くる者を助く」の法則に則り、自立することが前提。

中学生三部作で、自立心の大切さを知ろう。

通過儀礼を通して、成長するか?

はたまた、依存する人生を歩むか?

再会のシーンは、ぞくぞくしますよ!

P.N.「しんじゅくのおぢさん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-10-17

ドキュメンタリーのような、
ノンフィクションのような雰囲気を持つ映画。
コタンの会議のシーン、
本物のアイヌの日常、世界、空気を感じられる。
それぞれの登場人物の心、気持ちが伝わってきた。

最終更新日:2020-12-06 00:01:01

広告を非表示にするには