希望と絶望 その涙を誰も知らない 作品情報

きぼうとぜつぼうそのなみだをだれもしらない

希望と絶望 その涙を誰も知らないのイメージ画像1
希望と絶望 その涙を誰も知らないのイメージ画像2

2019年12月、日向坂46恒例のクリスマスライブにて、一年後に東京ドーム公演を行うことがサプライズで告知された。夢に見た場所でのライブの開催を同じタイミングで知ったメンバーと日向坂46ファンの“おひさま”は、喜びを分かち合った。しかしその後、新型コロナウイルス感染症が広がり状況が一変。コロナ禍により活動が制限され、体調不良によりメンバーが相次いで離脱。中には、慣れない立ち位置によるプレッシャーに押しつぶされ、自分を見失ってしまうメンバーもいた。誰にも負けないチーム力を誇ってきた日向坂46ではあるが、個々の価値観や考え方に少しずつズレが生じ、定評のあるライブパフォーマンスは納得のいかない出来に。大きな目標を前にグループ内に不満や不安が充満し、彼女たちが掲げてきた“ハッピーオーラ”に薄暗いもやがかかり始める。東京ドームでのライブを目標に歌い続けてきた彼女たちの楽曲『約束の卵』の歌詞の中で、“約束の彼の地”として夢に見てきた場所。そこにたどり着くまでの道のりには、何度も雨に打たれながらも、絶対に諦めることなく、再び一つになり、大きな虹がかかる景色を目指した22人の戦いがあった。2022年3月30日、31日に東京ドームで開催された3周年記念ライブまでの約2年、彼女たちの活動を取材。苦悩と喜びが交差する知られざる道のりを記録する。

「希望と絶望 その涙を誰も知らない」の解説

アイドルグループ日向坂46。のドキュメンタリー映画第2弾。東京ドームでの初ライブ開催が発表されてから、コロナ禍による延期を乗り越え、2022年3月の念願の開催に至るまでのグループとメンバー22人が辿った、苦悩と喜びが交差する約2年の道のりを追う。TBSテレビの竹中優介監督ら、前作「3年目のデビュー」の制作チームが手がける。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年7月8日
キャスト 監督竹中優介
出演日向坂46
配給 TBSテレビ=キグー
制作国 日本(2022)
上映時間 120分
公式サイト https://hinatazaka46-documentary.com/

(C) 日向坂46ドキュメンタリー映画製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:2点★★☆☆☆、2件の投稿があります。

P.N.「かっぽ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2022-07-12

インタビューに出てきてるメンバーがいわゆる人気メンバーのみ。
何故、全員のちゃんとした場で声を聞かないのか?
「絶望」とあるが、コロナで影響がアーティストは山ほどいる。
飲食関係なんか「絶望」以上のことだったろう。
ドキュメント映画としては、物足りない。
けど、日向坂46は好きだ。

最終更新日:2022-08-18 16:09:00

広告を非表示にするには