騙し絵の牙 作品情報

だましえのきば

大泉洋“主演”小説、本人主演で映画化

騙し絵の牙のイメージ画像1
騙し絵の牙のイメージ画像2

大手出版社「薫風社」に激震走る!かねてからの出版不況に加えて創業一族の社長が急逝、次期社長を巡って権力争いが勃発。専務・東松が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。会社のお荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水も、無理難題を押し付けられて窮地に立たされる…が、この一見頼りない男、実は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた。嘘、裏切り、リーク、告発。クセモノ揃いの上層部・作家・同僚たちの陰謀が渦巻く中、新人編集者・高野を巻き込んだ速水の生き残りを賭けた“大逆転”の奇策とは!?

「騙し絵の牙」の解説

主人公を「大泉洋」で完全あてがきした前代未聞のベストセラー小説を映画化。主人公・速水を演じるのは、国民的人気俳優の大泉洋。速水の策略に巻き込まれていくヒロインの高野役を松岡茉優、出版社の重役・東松役を佐藤浩市が演じる。監督は『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』の吉田大八。(作品資料より)

騙し絵の牙のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年3月26日
キャスト 監督吉田大八
原作塩田武士
出演大泉洋 松岡茉優 佐藤浩市 宮沢氷魚 池田エライザ 斎藤工 中村倫也 中野英樹 山本學 佐野史郎 リリー・フランキー 塚本晋也 國村隼 木村佳乃 小林聡美
配給 松竹
制作国 日本(2020)
公式サイト https://movies.shochiku.co.jp/damashienokiba/

(C)2020「騙し絵の牙」製作委員会

原作小説を読む

騙し絵の牙

騙し絵の牙 著:塩田武士

※2020年3月27日時点の情報です。

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4.4点★★★★☆、10件の投稿があります。

P.N.「bogi」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2021-05-02

作為的な予告編を何度も見たせいか、本編の終盤が物足りなく感じた。
大泉より松岡の映画だった。
余談だが、批評の際に素人に対しては兎も角、玄人(プロ)に敬称「さん」を付けると失礼。

最終更新日:2021-05-15 16:00:06

広告を非表示にするには