機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ 感想・レビュー 9件

きどうせんしがんだむせんこうのはさうぇい

総合評価4.22点、「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「ワイがガンダム」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-09-10

映像美、戦闘描写、テンポ、最高でした。初めて4回も劇場に足を運んでしまいました。 クエスの声が響いた瞬間鳥肌。戦闘もついにここまで表現力がきたかと、、、 1回目は4DXで見たのでまるで自分がクスウィーにのっているかのように感じられてしばらく余韻が離れませんでした。
NTが期待外れだったのでその分を補って余りある作品でした。

ただ1話をもう少し長尺にしてほしいのですね。

P.N.「セリカ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-08-03

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

めちゃくちゃ面白いです。私は30年以上ガンダムファンですが、今までのガンダムと一線を博す面白さです。特に4DXで見ることをオススメします。ストーリーや時代背景、登場人物やメカなど全て魅力的。ガンダムの登場はラストの15分ほどしかないですが逆にそれが良い。恐らく2作目は相当暴れてくれるはず。そんな期待を残す終わり方も良いと思いました。

P.N.「あるがまま」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2021-07-13

ギギというヒロインが、二人の男の間を行き来して、自由奔放にかき乱す。これがニュータイプビッチか。どのシーンも演出がうまく、あっという間に終わり、いいんだけど物足りなさを感じた。1900円を考えると、もう少しボリュームが欲しいと思った。これから始まるんだという終わり方で、まだ余力を残しており、そういった雰囲気を感じて評価を3に。次の章でより面白くなることを期待したい。

P.N.「雅人」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-06-26

ハサに初めて逢ったのは1985年だったかな。
そして〔閃光~〕の原作小説を読んでからも、早、30数年の時が流れたんだなぁ。
正直、原作の内容が内容なだけに、何度も手放しては買い直して、ついには手放す事を諦めた作品だけに、映画化は嬉しい半面、観に行く勇気と覚悟が自分にあるのか…とても逡巡してしまいました。
ですが、結果、2D版と4DX版の両方で観て来ました。
正直、よかったです。
美しい映像の数々、MSの戦闘シーンも迫力ありましたし、台詞回しもキャラクターの心情描写も素晴らしかった。
改めて、自分は優柔不断で脆くて駄目人間なハサが好きなのだと認識できました。
次回も期待してます。

P.N.「甘えん坊将軍」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2021-06-20

1988年公開の逆襲のシャアの後継作品とのことですが、当時私は子供でしたのでストーリーはよく覚えていません
覚えているのはテーマ曲がTMネットワークだったことくらい
そんな状況で観に行ったのでストーリーに対する評価は他の方のレビューをご参考に
しかしながらアニメーションの精度は素晴らしいです
モビルスーツの猛々しい動き、人物の細やかな仕草、一切の手抜きのない背景美術
そしてなりより気に入ったのはインテリさを感じさせる捻りの効いた脚本です
まだ今後公開される続編へと続くのでストーリーの評価はその時にでも
閃光のハサウェイ、令和のガンダムここに誕生ですね

P.N.「まふまふ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-06-19

ファーストガンダムから逆襲のシャアあたりが好きで見てきた人には刺さる映画だと思います。seedやOO、オルフェンズあたりしか知らない人にはあまり響かないかと思います。
映像、音響ともに良かったです。声優さんも叫ぶだけの作品とは違い丁寧に感情豊かに作品に落としていると思います。
三部作なのが残念で、唐突にエンディングが始まってしまいました。モビルスーツの戦いも少なめです。Ξなんて登場時間僅かです。5時間の超大作にして一気に完結までやってほしかったです。
評価が分かれる作品だと思いますが、ギギがマフティーの名前を口にした瞬間、原作を読んでから30年近くの想いが成就しました。個人的に最高でした。

P.N.「リル・メイヤー」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-06-15

原作ファン&村瀬監督ファンです。
地味で陰鬱な原作を忠実に映像化すれば世間には受け入れられないだろうし、大衆向けに改変すれば本作の持つ魅力を失うだろうし…と考え、正直期待していなかった本作ですが、あまりのクオリティに驚きました。
アニメというより、映画を観たという感覚でした。映像、演出、音響、どれもこだわり抜いて作られており、近年のアニメの中ではトップレベルのクオリティだと思います。中盤の空襲シーンは内容を知っていても、あまりの恐怖感に震えました。それほどの没入感がある演出と映像です。
想像以上に原作に忠実だったので驚きましたが、それ故にストーリーや台詞回しは難解かもしれません。

P.N.「無限G「ハサウェイいきま~す。」」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2021-06-15

アニメと言うより、アニメーションと改めて言いたくなります。

かなり、リアリティある仕上がりで、実写版のモデルとなるでしょう?

Consciousness(意識)

Dash(走る)

の狭間、G(離陸)閃光となる。

単なる光ではなく、意識し、実行する覚悟、それは、閃光となり、無限Gとなる。

作品全体は、みずみずしい仕上がりで、これから、続篇を期待させる完成度。

全貌は、かなり見えないけれど、この作品としては、満足させる完成度でした。

人類の未来を託されたノア、人間としての方舟、懐刀に飛び込む女神、ギギ、物語を更に面白くするケネス大佐。

漫画、アニメの王道を踏まえながら、新しい、日本のアニメーション期の始まりを期待させる。

完結ではない、これからの期待を加味し、★★★★になりました。見応えあります。

P.N.「パンフレット収集家」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2021-06-12

画像も戦闘シーンも中々力入れてるけど、対抗理由が地球からの人類総退去による地球環境の修復て?どう?
その為に、一般人巻き込んで無差別テロかい?
言ってる事とやってる事は、シーシェパードみたいで、全然共感出来んな!
一年戦争のジオンの大義名分の方がまだ、なんとか納得出来たが!
ハサウェイ・ノア何考えてんだ?
脚本に難ありか?、?、?

最終更新日:2021-09-23 00:30:08

広告を非表示にするには