機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ 作品情報

きどうせんしがんだむせんこうのはさうぇい

“富野ガンダム”禁断のレガシー

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイのイメージ画像1
機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイのイメージ画像2

宇宙世紀0105年。第二次ネオ・ジオン戦争で苦い別離を経験した、ブライト・ノアの息子ハサウェイが、新型モビルスーツ・Ξ(クスィー)ガンダムを駆って、地球連邦政府に反旗を翻す。

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の解説

ガンダムの生みの親でもある富野由悠季監督により、1989年に出版された同名小説を原作に、劇場版3部作として作られた新作アニメーション。監督は『虐殺器官』の村瀬修功。(作品資料より)

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年6月11日
キャスト 監督村瀬修功
原作富野由悠季 矢立肇
配給 松竹
制作国 日本(2019)
公式サイト http://gundam-hathaway.net/

(C)創通・サンライズ

ユーザーレビュー

総合評価:4.3点★★★★☆、10件の投稿があります。

P.N.「gandaruf3」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-10-19

劇場公開は知っていましたが「逆襲のシャア」以降ガンダムシリーズから遠ざかっていました。今回初めてビデオオンデマンドで観ましたが、映像の格段の進化に驚きました。確かに令和時代のガンダムです。ストーリーは三部作との事でどうなるか分かりませんが、良くここまで作り込んだと思う映像美でした。劇場で観れば良かったです。後の作品がどのような展開になるかは別にして、この作品単体で最高評価です。日本の現在のアニメーションの質の高さとスタッフの情熱に圧倒されました。面白かったです。

最終更新日:2021-10-23 16:00:03

広告を非表示にするには