パピヨン 作品情報

ぱぴよん

脱獄映画の名作が、新スタッフ・キャストで蘇る

パピヨンのイメージ画像1
パピヨンのイメージ画像2

その男は胸元に蝶の刺青を入れていることから「パピヨン」と呼ばれていた。彼は金庫破りの天才だったが、ある日、身に覚えのない殺人の罪を着せられ、終身刑の判決を受けてしまう。彼が送り込まれた先は、周囲を海に囲まれた絶海の孤島・南米ギアナのデビルズ島。この刑務所では過酷な強制労働が科せられ、横暴な看守たちによって囚人たちは人権をはく奪され、ゴミのように扱われていた。やがてパピヨンは脱獄を決意。そのためには、ボートや食料を入手するための多額の資金が必要だった。そこでパピヨンは偽造紙幣で逮捕された男ドガに目をつけ、彼の身を守る事と引き換えに逃亡費用を稼ごうとするが、やがて二人は奇妙な絆で結ばれてゆく…。

「パピヨン」の解説

1973年に全米公開された脱獄映画の金字塔『パピヨン』を、新たなるスタッフ・キャストで完全リメイク。スティーブ・マックイーンの跡を継ぎ、主人公パピヨンを演じるのは『パシフィック・リム』『キングアーサー』のチャーリー・ハナム。ダスティン・ホフマンが演じたドガ役を、『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレックが演じる。監督はデンマークの新鋭マイケル・ノアー。ハリウッドの赤狩りに反対した脚本家トランボにリスペクトが捧げられ、1973年版の『パピヨン』に寄り添いつつ、独自のエピソードも追加されている。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督マイケル・ノアー
出演チャーリー・ハナム ラミ・マレック トミー・フラナガン イヴ・ホーソン
配給 トランスフォーマー
制作国 アメリカ=セルビア=モンテネグロ=マルタ(2017)
上映時間 133分
備考 TOHOシネマズ シャンテほか全国にて

(C)2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「パピヨン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-11-16 00:12:50

広告を非表示にするには