迫り来る嵐 作品情報

せまりくるあらし

殺人事件の捜査に取りつかれた男の運命は

迫り来る嵐のイメージ画像1
迫り来る嵐のイメージ画像2

1997年、中国の小さな町の国営製鋼所。そこの保安部の警備員として働くユィは、泥棒の検挙で実績を上げている。付近で最近、若い女性の連続殺人事件が発生しており、懇意にしているジャン警部から情報を聞き出しつつ捜査に首を突っ込むユィを、リー刑事はこころよく思っていない。それでも不審者の情報を手に入れたユィは、部下のリウと工場の出口で張り込みを始める。そして、怪しい人物を見つけ追跡し追い詰めるも、操車場で格闘の末、取り逃がしてしまう……。

「迫り来る嵐」の解説

経済発展に向けて社会が劇的に変化していた1990年代後半の中国。内陸部の工業都市を舞台に、殺人事件の捜査に取り憑かれた警備員の男の皮肉な運命を描いたサスペンスノワールだ。時代を象徴するように、ダークで重厚な映像はまるでモノクロ映画。韓国映画『殺人の追憶』や中国映画『薄氷の殺人』と比べられるのも納得の、殺人事件を追うことで時代に取り残された事実から目を背けようとする男の切ないドラマでもある。監督は、これが長編デビュー作となったドン・ユエ。新人らしからぬダイナミックな演出は一見に値する。狂気の際まで捜査にのめりこむ主人公を演じるドアン・イーホンは、現在の中国映画界で最も出演依頼の多い俳優のひとりだそうだ。

迫り来る嵐のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年1月5日
キャスト 監督・脚本ドン・ユエ
出演ドアン・イーホン ジャン・イーイェン トゥ・ユアン チェン・ウェイ チェン・チュウイー
配給 アットエンタテインメント
制作国 中国(2017)
上映時間 119分
公式サイト http://semarikuru.com/

(C)2017 Century Fortune Pictures Corporation Limited

手軽に動画で視聴する

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「迫り来る嵐」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-10-19 13:22:36

広告を非表示にするには