ワンダー 君は太陽 作品情報

わんだーきみはたいよう

初めて学校に通う少年、1年間の奮闘の物語

ワンダー 君は太陽のイメージ画像1
ワンダー 君は太陽のイメージ画像2

先天性の遺伝子疾患で人と違う顔で生まれてきたオギー。27回もの手術を受けた彼は、10歳まで自宅学習を続けてきた。両親と姉のヴィアは、そんな彼を暖かく見守っていた。5年生になるタイミングで学校に通う事を決めたオギーは、勇気を出して好奇心いっぱいの顔でオギーの顔を見つめる同級生たちの中に入っていく。意地悪にも負けず頭の回転が早くユーモアもあるオギーの魅力に気づいたジャックは、オギーと仲良くなるのだが…。

「ワンダー 君は太陽」の解説

R・J・パラシオのベストセラー小説を『ウォールフラワー』のスティーヴン・チョボスキー監督が映画化。『ルーム』で一躍、天才子役として知られたジェイコブ・トレンブレイが特殊メイクをして、遺伝子疾患を持つ10歳のオギーを演じている。顔が他の人と違うためずっと自宅学習をしてきた少年が、初めての学校で体験する試練と友情を育てていく様子を描いている。オギーの高い知識とユーモアのセンス、そして試練に負けない心が事態を好転させていく。オギーを優しく見守り育てた両親を演じるのは、ジュリア・ロバーツとオーウェン・ウィルソン。自分たちなりの方法で日々の試練と戦う子どもたちの姿が感動を呼ぶ一作。

ワンダー 君は太陽のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年6月15日
キャスト 監督・脚本スティーヴン・チョボスキー
原作R・J・パラシオ
出演ジュリア・ロバーツ オーウェン・ウィルソン ジェイコブ・トレンブレイ
配給 キノフィルムズ
制作国 アメリカ(2017)
上映時間 113分
公式サイト http://wonder-movie.jp/

Motion Picture Artwork (C)2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ユーザーレビュー

総合評価:4.2点★★★★☆、5件の投稿があります。

P.N.「C.ルージュ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-07-10

善人ぶった登場人物が説教めいたセリフを言う映画ではない。テーマは家族愛だけではなく、学校、教育、家庭環境、人を信じることの難しさ等幅広い。賢い少年オギーが悲しい涙を見せず、力強く成長してゆく様子に大人も魅了される。最後に見せるのが嬉し涙なのも素晴らしい。家族のあり方も考えさせられる。大人から子供まで皆で見てほしい作品。


レビューを投稿する

「ワンダー 君は太陽」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-08-16 00:01:01

広告を非表示にするには