神と人との間 作品情報

かみとひとのあいだ

泥沼の三角関係に陥った男女の奇妙な愛

神と人との間のイメージ画像1
神と人との間のイメージ画像2

町医者の穂積と、親友で漫画家の添田はともに熱帯魚屋で働く朝子に惚れている。ある日穂積は添田に朝子を譲り、ふたりは結婚する。その時から、添田は愛人を作ったばかりか、朝子を虐待するようになる。そのうえ穂積と朝子が不倫をするようにけしかけるなどサディストと化す。かつての親友に馬鹿にされ、挑発されながらも、一途に朝子を想い続ける穂積。しかしある時から、その純愛は憎しみへと変貌していく…。

「神と人との間」の解説

文豪・谷崎潤一郎の短編を現代劇として映像化した「TANIZAKI TRIBUTE」の中の一作。谷崎が親友・佐藤春夫に自身の妻・千代を譲ったという「細君譲渡事件」を基に綴った「神と人との間」を題材に、『グレイトフルデッド』や『下衆の愛』の内田英治監督がメガホンをとり、ブラックユーモアを交えたシニカルな現代劇として映画化。『下衆の愛』でも組んでいる渋川清彦と、演劇ユニット「TEAM NACS」の戸次重幸が主演を務め、ふたりと泥沼の三角関係に陥る女性を、『四十九日のレシピ』や『ロストパラダイス・イン・トーキョー』などの内田慈が演じている。第30回東京国際映画祭の「日本映画スプラッシュ部門」でワールドプレミアが行われた。

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年1月27日
キャスト 監督内田英治
原案谷崎潤一郎
出演渋川清彦 戸次重幸 内田慈 山田キヌヲ 萬歳光恵 根矢涼香
配給 TBSサービス
制作国 日本(2017)
上映時間 90分
公式サイト http://tanizakitribute.com/

(C)2018 Tanizaki Tribute 製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「神と人との間」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-08-24 00:02:36

広告を非表示にするには