造られた殺人 作品情報

つくられたさつじん

真実と嘘の概念を打ち破るサスペンス

造られた殺人のイメージ画像1
造られた殺人のイメージ画像2

離婚と解雇の危機に直面していた記者ホ・ムヒョクは、偶然耳にした情報提供の連絡を受け、連続殺人事件に関する一世一代のスクープをつかむ。しかし、自分が入手した連続殺人犯の自筆メモが、実は小説「良辰殺人記」の一節であることを知ったムヒョクは、世間を驚かせたスクープが前代未聞の大きな過ちであったことを悟る。自らの誤報という緊急事態に巻き込まれ不安な日々を送る一方、スクープが誤報であることを知らない報道局の上司に後続報道を迫られ、さらに連続殺人事件の捜査を続けてきた刑事に疑われる羽目に。その後、事件の真実を知っているという目撃者まで現れ、事態はますます混乱の中へ。そしてムヒョクの誤報どおりの殺人事件が発生してしまう…。

「造られた殺人」の解説

報道の光と闇を、張り詰めた緊張感とユーモアの絶妙な組み合わせで描いたサスペンス・スリラー。主演は『建築学概論』で青龍映画賞新人男優賞を受賞し、その後も『王の涙-イ・サンの決断-』『私の愛、私の花嫁』などに出演するチョ・ジョンソク。また、報道局のペク局長を大女優イ・ミスク、主人公の妻を3年ぶりにスクリーンに復帰したイ・ハナ、主人公に疑いの目を向ける刑事を映画界で活躍するペ・ソンウが演じている。監督は『恋愛の温度』のノ・ドク。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年11月19日
キャスト 監督ノ・ドク
出演チョ・ジョンソク イ・ミスク イ・ハナ キム・デミュン ペ・ソンウ
配給 クロックワークス
制作国 韓国(2015)
上映時間 125分

(C)2015 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「造られた殺人」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-10-17 11:55:47

広告を非表示にするには