海すずめ 作品情報

うみすずめ

宇和島伊達400年祭を背景に描くスペクタクルムービー

海すずめのイメージ画像1
海すずめのイメージ画像2

愛媛県宇和島市。小説家デビューを果たすものの2冊目の小説が書けない赤松雀は、地元に戻り図書館自転車課(自転車で図書を運ぶ)で働き始める。共に働くのは元ロードレーサーの岡崎賢一とアルバイトで嫌味な上司の娘・原田はな。ある日、本の常連客であるトメから「もともと現在の市立図書館の前には、空襲で全焼した私立伊達図書館があった」という事実と、トメ自身も戦前はそこで働いていたことを教えられる。そんな最中、町は“伊達400年祭の武者行列”で使用される着物の刺繍模様を復元するための資料“御家伝来の本”を探して騒ぎとなっていた。一方で、図書館では自転車課の廃止案が浮上していることも発覚。雀は資料となる本を求めて、そして自転車課廃止を阻止するべく走り出す。

「海すずめ」の解説

今でもお殿様が存在する街、愛媛県宇和島市。歴史を大切にしている地元の壮大な“宇和島伊達400年祭”で必要な書物の行方をめぐり、歴史ロマンと爽やかな青春が繰り広げられる。この地方の独特に温かな人々の気質が作風の支柱となっている。主人公の赤松雀を『進撃の巨人』『祖谷物語-おくのひと-』の武田梨奈、同僚で元ロードレーサーの岡崎賢一を名古屋発大人気ユニットBOYS AND MENのメンバーでパティシエ経験を持つ小林豊が演じる。オリジナル脚本を手がけメガホンをとるのは、愛媛県出身で『ライトノベルの楽しい書き方』『瀬戸内海賊物語』の大森研一。(作品資料より)

海すずめのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年7月2日
キャスト 監督・脚本大森研一
出演武田梨奈 小林豊 内藤剛士 岡田奈々 目黒祐樹 吉行和子
配給 アークエンタテインメント
制作国 日本(2016)
上映時間 108分

(C)2016「海すずめ」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「まっち」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2016-07-08

2回観てわかるって駄目だなと思うけど、同じ所で泣ける!繋がり!家族の愛!歴史、自然と盛り込み過ぎと思ったがつながればなるほどいい。活字離れの現代に図書館の良さを知らせてくれた夢をあきらめないで逃げることなく成長するすずめたちにエールを送りたい

最終更新日:2020-09-16 14:20:12

広告を非表示にするには