つむぐもの 作品情報

つむぐもの

石倉三郎、映画初主演作

つむぐもののイメージ画像1
つむぐもののイメージ画像2

無職になって実家にいづらくなり、ワーキングホリデーで福井にやって来た韓国人のヨナ。日本での仕事は越前和紙作りの手伝い……のはずだったが、職人の剛生が脳腫瘍で倒れてしまい、なんと、介護をすることに!妻に先立たれて一人暮らしの剛生は誰にも心を開かず、偏見にまみれた悪態をついてばかり。それでも勝気なヨナはひるむことなくぶつかっていき、やがて剛生の気持ちにも思いもよらぬ変化が訪れる……。

「つむぐもの」の解説

頑固な和紙職人と韓国からやって来た若い娘が介護や伝統工芸を通じて心を通わせていく人間ドラマ。主演を務めるのは、役者人生50年で本作が映画初主演となる石倉三郎。韓国人のヨナを『息もできない』のキム・コッピが演じる。監督は『カミングアウト』『早乙女4姉妹』の犬童一利。(作品資料より)

つむぐもののイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年3月19日
キャスト 監督犬童一利
出演石倉三郎 キム・コッピ 吉岡里帆 森永悠希 本多章一 結城貴史 広澤草 伊東愛 宇野祥平 内田慈 日野陽仁
配給 マジックアワー
制作国 日本(2016)
公式サイト http://www.tsumugumono.com/

(C)2016「つむぐもの」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-11-04

イ・ヨンエ主演の韓国連続TVドラマ〈師任堂・サイムダン〉は高麗紙を巡る物語。本編はキム・コッピが和紙職人の石倉三郎の弟子に為るのだが、中国で発明された紙のルーツは大陸だったし半島から日本に伝来したのかも知れない…。そう考えると和紙作りは歴史の長い伝統技能の継承・発展であり、韓国の留学生が古来の技を振り返ると言う事も興味深いではないか!酷寒での手漉き和紙の製紙作業の工程も中々に辛いのだろうがー。


レビューを投稿する

「つむぐもの」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-09 16:00:04

広告を非表示にするには