EDEN/エデン 作品情報

えでん

青春のすべてを捧げた夢、楽園の終わり

EDEN/エデンのイメージ画像1

1992年、パリ。大学生のポールはクラブミュージック、とりわけガラージに夢中で、友人スタンと組んでDJデュオ“Cheers”を結成する。3年後、親友でイラストレーターのシリルを介して、人気のパーティをオーガナイズする〈リスペクト〉の主催者アルノーと知りあい、彼らと共に“Cheers”はパリのクラブシーンで頂点を極めるようになる。一方、酒とドラッグに溺れてゆくポールは借金を繰り返し、恋人ルイーズとの関係もこじれてしまう。

「EDEN/エデン」の解説

十年一日のごとくガラージだけを追求し、時代に取り残されてしまった主人公ポールの物語は、ありがちなサクセス・ストーリーとは一線を画すビターでリアルな青春を描き出す。それもそのはず、『あの夏の子供たち』『グッパイ・ファーストラブ』のフランスの俊英監督ミア・ハンセン=ラヴの長編第4作は、共同脚本を手がけ、自らの過去をさらけ出した実兄スヴェンの人生が色濃く反映されているのだ。大人になれないまま20年続けたDJ生活の後、彼はもう一つの未来を見出す。90年代以降、エレクトロ・ミュージックの台頭とその後の音楽シーンが見事に再現され、“フレンチタッチ”を牽引したダフト・パンクもロボット以前の姿で登場する。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年9月5日
キャスト 監督・脚本ミア・ハンセン=ラヴ
出演フェリックス・ド・ジヴリ ポーリーヌ・エチエンヌ ロマン・コリンカ ヴァンサン・マケーニュ グレタ・ガーウィグ ローラ・スメット
配給 ミモザフィルムズ
制作国 フランス(2014)
年齢制限 PG-12
上映時間 131分

(C)2014 CG CINEMA - FRANCE 2 CINEMA - BLUE FILM PROD- YUNDAL FILMS

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「PineWood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-03-16

cキネカ大森でイザベル・ユペール主演のアスファルトと併せて見ました。デジタルな音楽映画として色んなエピソードが年代的に描かれて映画(オンザロード)の様なスタイルなのかも知れません。幾らでもエピソードが増やせる千夜ー夜物語みたいでも!初めも終わりも無い(皆様、ごきげんよう)事も思い出した…。音楽そのものも面白くまた、聴いてみたいミア・ハンセンラブ監督の新境地

最終更新日:2020-10-21 17:56:37

広告を非表示にするには