おかあさんの木 作品情報

おかあさんのき

国民的児童文学、鈴木京香主演で映画化

おかあさんの木のイメージ画像1
おかあさんの木のイメージ画像2

長野県の田舎村。7人の子どもたちに恵まれ、慎ましやかながらも幸せな家族を築いていくミツ。しかし、戦争のために7人の息子が次々と兵隊にとられていく。そしてそのたびに庭に桐の木を植えていく。息子の名前が付けられた木に、ミツは毎日話しかけながら水をやり、育てていく…。

「おかあさんの木」の解説

発表後、幾度も小学校中学年から高学年の国語教科書に採用されてきた、児童文学者・大川悦生の同名作を映画化。主人公・ミツを演じるのは鈴木京香。さらに、ミツの次男・二郎役に三浦貴大、亡き夫の同僚役に田辺誠一、その娘・サユリ役に志田未来、物語の語り部となる現代パートのサユリ役に奈良岡朋子、と演技派の豪華キャストが集結した。監督は『がんばっていきまっしょい』『解夏』など丁寧な心理描写に定評のある磯村一路。(作品資料より)

おかあさんの木のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年6月6日
キャスト 監督・脚本磯村一路
原作大川悦生
出演鈴木京香 志田未来 三浦貴大 田辺誠一 奈良岡朋子
配給 東映
制作国 日本(2015)

(C)2015「おかあさんの木」製作委員会

手軽に動画で視聴する

DVD・ブルーレイ発売情報

おかあさんの木

おかあさんの木ジャケット写真
発売日2015年12月9日
価格4,700円+税
発売元東映ビデオ
販売元東映
型番DSTD-3862

長野県の田舎村。7人の子どもたちに恵まれ、慎ましやかながらも幸せな家族を築いていくミツ。しかし、戦争のために7人の息子が次々と兵隊にとられていく。そしてそのたびに庭に桐の木を植えていく。息子の名前が付けられた木に、ミツは毎日話しかけながら水をやり、育てていく…。
【特典】
メイキング
イベント映像
予告

(C)2015「おかあさんの木」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「なかなか」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2015-07-06

予告編で胸が熱くなり劇場に行きました。もちろん泣かせる場面もありましたが、少し省略され過ぎた感じもしました。もっともっと戦争の苦しさ、悲惨さを伝えられそうな作品にできたのになぁ??と思いました。


レビューを投稿する

「おかあさんの木」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-13 15:22:33

広告を非表示にするには