人狼ゲーム ビーストサイド 作品情報

じんろうげーむびーすとさいど

生死をかけた“騙し合い”、再開

人狼ゲーム ビーストサイドのイメージ画像1
人狼ゲーム ビーストサイドのイメージ画像2

樺山由佳は、2度目の殺戮ゲームの席に着いていた。参加者は10名。皆、突然この部屋に連れて来られた高校生たちだ。由佳は“人狼”のカードを与えられたため、村人たちを欺き、一人ずつ殺していかねばならない。そんな状況を由佳は興奮し、歓喜していた。なぜなら、ずっと待ち望んでいた“非日常”を存分に楽しめるから。複数の“自称預言者”が現れ、共有者がほかの村人たちを扇動する。場は混迷を深め……。

「人狼ゲーム ビーストサイド」の解説

命を賭けた戦慄の“疑心暗鬼心理ゲーム”に日本中を沸かした前作。本作では、人狼側の視点から描かれる。理不尽なゲームを強いられた男女らの心理は、限界を超え、激震の緊張に覆い尽くされる。メガホンをとるのは、前作に引き続き、ベルリン国際映画祭最優秀新人作品賞を日本人で初受賞した熊坂出監督。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年8月30日
キャスト 監督熊坂出
原作・脚本川上亮
出演土屋太鳳 森川葵 藤原季節 小野花梨 育乃介 桜田通 青山美郷 佐久間由衣 加藤諒 國島直希
配給 AMGエンタテインメント
制作国 日本(2014)

(C)2014川上亮/AMG出版・「人狼ゲーム BEAST SIDE」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「人狼ゲーム ビーストサイド」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-08-07 11:56:27

広告を非表示にするには