サクラサク 作品情報

さくらさく

さだまさしの珠玉の名編、映画化

サクラサクのイメージ画像1
サクラサクのイメージ画像2

大手家電メーカーに勤める大崎俊介は、部下からの信頼も厚く、将来を嘱望される会社員だ。重役への出世も目前で、生活は順風満帆なように思えた。しかし、気付けばその家庭は多くの問題を抱えていた。妻・昭子との関係は冷え切り、息子の大介は大学受験に失敗してからはアルバイトを転々とし帰宅後も部屋に閉じこもってしまう。娘・咲子は高校生だが毎晩帰りが遅く、俊介の忠告も聞かず何を考えているかわからない。周りを見つめるきっかけになったのは、父・俊太郎が老人性認知症を患ったことだった。大雨の夜、俊太郎は徘徊しているところを警察に保護され、この日を境におかしな行動が増えていく。苦しむ俊太郎を見ても家族は見て見ぬふりで、一切助けようとはしなかった。薄情な家族に俊介は大きく失望し、孤独な父を守ろうと奮闘する。しかし実は、息子・大介が人知れず俊太郎を介護していたことを知り……。

「サクラサク」の解説

さだまさし自身の父親の記憶を頼りに描かれた「解夏」に収録された「サクラサク」を映画化。主演の緒形直人をはじめ、南果歩、藤竜也など、日本を代表する実力派と矢野聖人、美山加恋といったフレッシュな面々が集結。福井県の美しい自然をはじめとするオールロケの撮影中、人は長い時間を共にしたことでまさに“家族のロードムービー”が出来上がった。監督は、『利休にたずねよ』の俊英・田中光敏。(作品資料より)

サクラサクのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年4月5日
キャスト 監督田中光敏
原作さだまさし
出演緒形直人 南果歩 藤竜也 矢野聖人 美山加恋
配給 東映
制作国 日本(2014)

(C)2014「サクラサク」製作委員会

手軽に動画で視聴する

DVD・ブルーレイ発売情報

サクラサク

サクラサクジャケット写真
発売日2014年10月10日
価格4,700円+税
発売元東映ビデオ
販売元東映
型番DSZD-8106


【特典】
メイキング・オブ・「サクラサク」
メイキング・オブ・「残春」
完成披露舞台挨拶
初日舞台挨拶
予告編

(C)2014映画「サクラサク」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「しほみんたかみん」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2014-04-11

良質な作品でした。藤竜也いいですね。『その人を誉めようと思ったら、その人の事を一生懸命見てあげないといけない』心に残る言葉でした。さだまさしは良質な原作を書いてますよね。映画化も多い。

最終更新日:2020-04-02 11:57:40

広告を非表示にするには