MIRACLE デビクロくんの恋と魔法 作品情報

みらくるでびくろくんのこいとまほう

クリスマス、光と恋が東京の街で輝く…!

MIRACLE デビクロくんの恋と魔法のイメージ画像1
MIRACLE デビクロくんの恋と魔法のイメージ画像2

漫画家を夢見ながら書店で働いている光には、誰も知らない相棒がいた。それは彼が幼い頃に創造した、口の悪いデビルクロース“デビクロくん”だ。光は自分の本音を書いた“デビクロ通信”を、人知れず夜の街に貼って歩いていた。そんな光がある日、韓国からやって来た照明アーティスト、ソヨンに出会い、恋をする。実はソヨンは光の幼なじみのオブジェ作家の卵・杏奈の仕事仲間だった。杏奈は光を思う気持ちを抑え、光の恋に協力するが…。

「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」の解説

クリスマスの東京を舞台に、嵐の相葉雅紀、韓国人女優のハン・ヒョジュ、榮倉奈々、生田斗真という今をときめく4人が演じる、男女の恋を描いたラブストーリー。相葉演じる主人公の光は“Mr.スイマセン”と呼ばれるほど謝ってばかりいる青年。そんな彼が運命の女性と出会い、男として成長していく。本作には“デビクロくん”という光の相棒が登場するが、デビクロくんは光にしか見えないという設定。アニメーションで描かれた口の悪いデビクロくんが、光の隠れた本音を代弁し、彼の後押しをしていく。山下達郎の名曲「クリスマス・イブ」をイメージして中村航が書いた原作小説「デビクロくんの恋と魔法」を、『黄色い涙』の犬童一心が監督している。

MIRACLE デビクロくんの恋と魔法のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年11月22日
キャスト 監督犬童一心
原作中村航
出演相葉雅紀 榮倉奈々 ハン・ヒョジュ 生田斗真 小市慢太郎 渡辺真起子 塚地武雅 岸井ゆきの 市川実和子 温水洋一 クリス・ペプラー
配給 東宝=アスミック・エース
制作国 日本(2014)
上映時間 115分

(C)2014中村航・小学館/『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:3.33点★★★☆、3件の投稿があります。

P.N.「相葉ちゃん」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2015-01-09

相葉ちゃんらしさが出ていたし 等身大のまんま、爽やかだった。榮倉奈々も、サバサバしたキャラで見ていて心地よい。東京の夜景、イルミネーションが最高に綺麗で感激した。素晴らしい。山下達郎の音楽が生かされていたし、ロマンチックで、恋人とデートしたくなります。最後、ハッピーエンドで良かった!恋したくなりました。

最終更新日:2019-11-19 17:44:58

広告を非表示にするには